アベノミクスによる株価変動

【著者】 児山 将

アベノミクス3本の矢

安倍政権が行う経済政策のことをアベノミクスといい、3本の矢と呼ばれる政策が根幹となっています。

・第一の矢である「大胆な金融政策」
・第二の矢である「機動的な財政政策」
・第三の矢である「成長政略」


何のことなのか分かりづらいことですが、ざっくりといってしまえば、日本中にお金を流通させて、景気を良くしようということです。これは『税金の無駄使いでは?』と思われる方も多いかもしれません。しかしながら、「景気はお金を使う人、額が多ければ多いほど良くなる」ということは中学生でも分かることです。政権を取り戻した自民党はスピード感を持ってこの政策を実行したことから、これが海外からも高い評価を得ることとなり、株式市場の上昇に繋がったということです。実際に日本の景気は良くなっていますので、今後もアベノミクスによる株式市場の上昇は続くという見方が多数を占めています。

株価変動

では、アベノミクスにより実際にどの程度株価は変動したのでしょうか?

まずは、日経平均のチャートをご覧下さい。
みんなの株式  ミラクルチャート

2年間で約1万円の上昇です!
くりっく株という日経平均を売買できる商品で2年間保有していると、4万円程の投資で約100万円の利益となる計算です。パフォーマンスが25倍という驚くべき事実ですよね!

その他では、王道のトヨタ自動車が2倍以上に!
chart_s_toyota

ソフトバンクも同様に2倍以上!
chart_softbank

ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドはほとんど下がることなく上昇!
chart_oriental

mixiはスマホゲームのブームに乗り、アベノミクスとは関係なく一時20倍以上に上昇!
chart_mixi

その他、金融緩和の恩恵を受ける銘柄として、アイフルなんかも15倍以上に上昇しています!
アイフル

top