NISA(ニーサ)ってなに?

【著者】 児山 将

テレビのCMでよく流れているNISAとはなんでしょうか。

NISAはNIPPON individual Saving Accountの略称で、少額投資非課税制度のことをいいます。
ざっくりいうと、少額での投資に限り税金が優遇されるということです。

2014年1月からスタートしたこの制度は、証券会社や金融機関で年間100万円までの投資での利益が5年間非課税となるのです。

ちなみに、2014年原罪の通常の株式取引などでの利益にかかる税金は20%です。
ですので、100万円以下であっても、利益にかかる税金がゼロというものは非常にお得な制度なのです。

対象者は20歳以上の日本在住者です。
口座は、証券会社か銀行で開くことができますが、銀行が投資信託しか販売していないのに対して、証券会社では、日本株、投資信託ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)等の多数の商品を取り扱っていることから、証券会社にNISA口座を開くことがオススメです。

NISA口座は一人に1つとなっており、3つのNISA口座を持てば、1年間に300万円までの投資の利益が非課税となるわけではありません。

NISA口座の開き方

NISA口座を開設する方法を説明します。

1.証券会社選び
まず証券会社を選びます。
証券会社ごとに、NISA口座に限り売買手数料が無料であったり、キャンペーンを行っていたり様々ですので、CMで流れている大手証券だけでなく、ネット証券なども視野に入れて探してみましょう。

2.総合口座の開設申し込み
証券会社が決まったら、まず口座開設をする金融機関の総合口座を開設する必要があります。
一般口座か特定口座を選び、証券会社の申し込み専用ページから簡単にできます。
取引ができるようになるまで、最短で1週間程度です。

証券会社から会員IDとパスワードが郵送されてくると、取引口座へ入金を行えば取引が行えるようになります。

3.NISA口座の申し込み
総合口座ができたら、次はNISA口座の申し込みです。
総合口座の申し込み同様、金融機関の申し込みページで簡単に申し込めます。
申し込み後、金融機関より「NISA口座申込書(非課税口座開設届出書)」が郵送されてきますので、記入後に「住民票の写し」と共に「NISA口座申請書」を返送します。

申し込み後に、証券会社が税務署へ口座開設可能かどうかの確認作業(重複などの確認)を行い、これが3,4週間かかるそうです。
税務署から「確認書」が発行されれば、ついに口座開設が完了です。

4.NISA口座で取引スタート!
いよいよ、NISA口座での取引が可能となりました。
しかし、焦る必要はありません。
投資はタイミングが重要になりますので、慌てずに情報収集をきちんと行い、勉強をしたのちに、自身の厳選投資先を決定しましょう!

ネット証券NISA比較ランキング
NISA(ニーサ):少額投資非課税制度特集

top