株初心者から不満爆発 NISAのバカヤロー記事について

【著者】 児山 将

ネットを検索していると、NISA制度開始直後のこんな記事を見つけました。

株初心者から不満爆発 これじゃあ大損だ!NISAのバカヤロー少額投資非課税制度

要約すると、以下のとおり

・NISAが非課税だと思って制度の開始早々に株を買ったら大きく値下がりした。
・薦められた投資信託で手数料ばかり取られた。
・銀行で口座を作ったがために株が買えない。

記事の出所は現代ビジネスさん。いわゆる週刊誌なだけに世の中を皮肉った内容のものも多くなりますので、そのまま鵜呑みにすることは良くないでしょう。

執筆された方に専門知識は無いようで、タイトルはNISAのバカヤローとやや過激なものとなっています。しかし、専門家の意見を掲載しているので参考になる部分もありました。せっかくなので、管理人の意見も載せたいと思います。

NISA制度開始早々に株を買ったら値下がりした

株なのですから、値下がりするのは当たり前です。とはいえ、アベノミクス相場で大半の株は保有していればいつかは上がるという相場となっています。

最大の原因は購入タイミングの失敗でしょう。

この記事が執筆されたのは、2014年3月2日でした。

日経平均株価のチャートを出すと以下のとおりです。
NISAのバカヤロー

株価の下落の原因としては、アルゼンチンショックとウクライナ情勢不安、あとは安倍総理の中国との関係悪化発言問題でしょう。

チャートを見るとお分かりの通り、1月中盤までに株を買った人は半年ほど苦しむかもしれませんが、1月後半から株を買った人は最高のポイントで買ったことになります。

株価は波のように上下しますので、どんなにより銘柄でも購入のタイミングを失敗すれば損失に繋がります。
なぜかNISA = なんでも儲かると考えている人が多いようですが、NISAは投資という枠の中の非課税制度なのです。

そのことを念頭に置いたうえで、投資をしていきましょう!

あとは制度の穴を付いていたのが良かったですね。
私も詳しく記載にしていますので、ご参考にどうぞ。

参考:NISA(ニーサ)のデメリット

薦められた投資信託で手数料ばかり取られた

これは投資初心者が陥り易い問題だと思います。投資に詳しくない人でも投資信託ならプロに任せて運用してもらえる投資信託は管理人も良いと思います。

なので、大手証券会社や銀行などで相談をする人も多いのではないでしょうか。

しかし、この場合ほとんどの人が失敗をしてしまうのです。
なぜかというと、銀行や証券会社の販売部門は投資信託の手数料で利益を得ています。そのため、よほど良い担当者でない限り手数料が3%もある投資信託を薦められることとなってしまうのです。

3%は結構な額です。たとえばファンドが年5%のパフォーマンスを出したとします。しかし、販売手数料として3%が持っていかれ、さらに運用報酬として信託報酬を支払ったとするとほとんど利益は残らないでしょう。

なので、投資信託を選ぶ際は窓口で相談をしない方が良いでしょう。

販売手数料が1%程度でも、優れた投資信託(参考:NISAに適した金融商品)はたくさんありますし、ノーロードと呼ばれる手数料無料の投資信託もあります。

ノーロードの投資信託には、ファンドオブザイヤーにも輝いたレオス・キャピタルワークスが運営するひふみプラスがオススメです。

※レオス・キャピタルワークス株式会社が運用する「ひふみ投信」は格付投資情報センターが選定する「R&Iファンド大賞」の投資信託/国内株部門で4年連続受賞、NISA/国内株式で2年連続受賞

ライブスター証券に口座を開くと、手数料無料のノーロードファンドとして購入できます。
123_plus_img

・手数料業界最安水準!ライブスター証券の公式ページへ↓↓
ライブスター証券バナー

銀行で口座を作ったがために株が買えない

そんな馬鹿な・・・という話ですが、ちょっと考えたらありそうですよね。

銀行員さんが家に来て、「NISAどうですか?非課税なのはご存知ですよね。株が上がっているので早いうちに買った方が良いですよ。」という感じで薦めてきて口座開設に至ります。

そして、おそらく投資信託の購入を薦めてきますよね。あれ、でも株を買いたいんだけど、、となると「うちは銀行なので株式は扱っていません。」となる。

なんだそりゃー!となってNISA口座を変更しようとするも、2014年時点では一度開いたNISA口座はずっと同じ会社でした。

恐らくそういったクレームが相次いだのかもしれません。
2015年度より1年ごとにNISA口座の変更が可能になりました。

証券会社は株式も投資信託も扱っていますが、上に書いた通り野村證券などの総合証券は手数料が高くなります。

そうなるとネット証券でNISA口座を開くことになるのですが、そのなかでも日本株、外国株、投資信託、ETFなどすべて取り揃えたSBI証券楽天証券がオススメです!

ご参考までにどうぞ!
NISAの口座を選ぶならコチラ
NISA記事一覧
NISA(ニーサ)特設ページ↓↓
nisa

top