金融緩和とは

【著者】 児山 将

株価上昇の為の重要キーワード!

金融緩和とは、一言でいえば市場にお金をたくさん放出することです。
金融引き締めの1つの方法に、日本であれば公定歩合の引き上げがありますが、金融緩和ですからその逆の引き下げになります。
一言で言えば、利下げということになります。

つまり、金融引き締めは利上げ。
金融緩和は利上げと覚えていると分かり易いでしょう。
もちろん方法は色々とありますので、上記が全てではありません。

金融緩和の方法

伝統的な金融緩和の方法として、中央銀行の政策金利を引き下げる方法があります。しかし、日本は長きに渡る低金利となっていますので、これ以上金利を下げることができません。そこで、お金をたくさん刷って、世の中のお金の量を増やし、人々にお金を使ってもらおうとするわけです。
ちなみに、この「世の中に出回るお金の量」のことを「マネタリーベース」といいます。

日銀が増刷したお金はまず民間の銀行に流れます。流れるということですが、正しくは民間の銀行が低金利で日銀からお金を借りるということになります。
そもそも、金融緩和を行う時は、あまり景気が良い時ではないので、銀行だってお金に困っています。そして、民間の企業はもっと資金繰りに困っているため、融資を欲していることが多いのです。そこで、日銀は大量に資金を供給して民間企業にもお金が流れるようにするのです。そうすれば、資金がショートして、景気の悪い間に乗り切れるはずだった企業は苦境を乗り越えることができます。そうすれば、失業者の増加も抑制できます。勢いのある業種には、不景気により融資が断られることも少なくなり、雇用や民間投資が増加します。そうすることで、お金を使う人が増えます。

小学生でも、日本中の人が無駄遣いをすると景気が良くなるということは何となく分かります。金融緩和とは、中央銀行が意図的にそういった状況になるようにする金融政策の1つなのです。

これが株価にどういった影響を及ぼすかというと、単純明快です!
上記のように、おカネの回りが良くなることで景気回復期待が生まれます。そうすると、多くの投資家は有望な企業の業績の上昇を期待して、株を買います。さらに、日本円の量が増えるということは、ドルよりも円の価値が下がるということになります。つまり、日本の金融緩和は円安効果が生まれます。
そうなると、トヨタのような企業は1円円安になるだけで利益が350億円の増加に繋がりますから、ますます株価の上昇に繋がります。

実際、米国でも日本でも金融緩和を行った後は株価の急激な上昇が発生しています。

日経平均

ドル円4H

このことから、金融緩和=株高・通貨安と覚えておくと良いでしょう。

top