NISAで投資信託を買うならどこの証券会社?

【著者】 児山 将

NISAを始めた人のなかで20代の投資家の内訳は、なんと46.66%が投資未経験者なのです。
なのでいきなり株式投資を始めるアクティブな人は少ない様子。

実際にNISA口座の中身を見てみると、2015年6月末時点でNISAで一番買われている金融商品は投資信託となっています。

その割合はなんと全体の66.1%。次いで株式(外国株を含む)が31.7%となっています。

商品 NISA買付額3月末時点 2013年末からの増加率 商品別比率
総額 4兆4,109億8,051万円 48.2% 100.0%
上場株式 1兆3,983億7,632万円 44.1% 31.7%
投資信託 2兆9,154億358万円 50.0% 66.1%
ETF 562億7,281万円 63.9% 1.3%
REIT 409億2,780万円 45.6% 0.9%

そこでまずは投資信託の充実している証券会社をみていきましょう!

総合証券は手数料が高いので、最初から選択肢にないことをご承知ください。

投資信託を買うなら2大ネット証券

では、ここで各社の投資信託とその中でのノーロードファンド(手数料無料)の取り扱い数を見ていきましょう。

証券会社 投資信託 ノーロード
SBI証券 2061本 579本
楽天証券 1945本 455本
カブドットコム証券 655本 324本
マネックス証券 857本 273本
ライブスター証券 1本 1本
岡三オンライン証券 144本 38本

ご覧の通り、圧倒的にSBI証券楽天証券の投資信託の取り扱い数が多くなっております。そのなかでも、SBIが運営している投資信託や楽天ファンドは安定的に高い利回りを叩き出しているので、オススメです。

SBI証券の投資信託

SBI証券には自分の好きな条件から投資信託を探せるFサーチと、もう少し簡単に探せるパワーサーチがありますので是非使ってみて下さい!

SBI証券投資信託ランキング投資信託について学べる記事や色々な方向からのランキングも揃っており、これは!という投資信託が多すぎてどれも魅力的に思えるほどです。

上手な投資信託の選び方に役立つ特集記事は必見です!

ちなみに、2015年7月30日時点で年間パフォーマンスNo.1のファンドは日本株トリプル・ブルベアオープン。1年間のパフォーマンスは驚きの120.8%というのですから驚きです。

楽天証券の投資信託

楽天証券も取扱いの投資信託が本数が多く、SBI証券に迫る勢いです。そのなかでも楽天USリート・トリプルエンジン、楽天日本株トリプル・ブルなどの楽天投信投資顧問が運営するファンドはパフォーマンスが高く人気があります。

これらを購入するのであれば、楽天証券が良いに決まっていますよね。

ちなみに、楽天日本株トリプル・ブルの年間パフォーマンスは116.12%と凄いことになっています。

楽天証券も投信スーパーサーチでサクサクと多くのファンドの中から好みのものを選んでランキングすることが可能です。
また、ファンドスコア、トータルりーターン、毎月分配型などカテゴリー別に簡単に選ぶこともできる他、デイリー~月間までの買い付けランキングも一目で分かります。

楽天証券内で選べる年間パフォーマンスNo.1のファンドは日興AM中国A株ファンド。
年間リターンは122.55%とSBI証券のものよりやや上回っています。


楽天証券には、ファンドアナリストという投信を分析する専門家がいます。
そこで注目なのが、ファンドアナリスト厳選「新ファンド・セレクション」
ファンドアナリスト

ファンドアナリストさんが、株式中心、債券中心、バランス型などの多くの種類のファンドの中から、更に株式でも中小型、アジアなどの細かい分類に渡りファンドを厳選してお届け!

ノーロードのものもあり、これはかなりオススメです。

また、楽天証券で投資信託を購入したいという人にはキャンペーンがあります。のファンドアナリストおすすめファンド」の中から選ぶというのであればNISAのキャンペーンが利用できます!
楽天NISAキャンペーン
ファンドアナリストおすすめファンド5本のうちいづれかを購入するのであれば、2,000円とちょこっと嬉しい投資信託買い付け代金をプレゼントされます!

投資信託を選ぶのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね!

NISA口座を選ぶなら、NISA比較ランキング!
NISA(ニーサ)特設ページ↓↓
nisa

top