2017年のNISAおすすめ銘柄

【著者】 児山 将

2014年にNISA(ニーサ)が開始されて4年目。

ようやくNISAで投資を始めようとしている投資初心者もいるようです。

でも、どんな銘柄を買ったらよいのか分からないという人がほとんどではないでしょうか。

そんな人に少しでも参考になればと、筆者が投資したい30万円以下で買える成長株をNISAに組み入れてはいかがでしょうか。

全て、筆者が投資している、または投資したことのある株、厳選5銘柄です!

エボラブルアジア(6191)

航空券の予約サイト「空旅」主力、国内に特化。他社OEMも。ベトナムでITオフショア開発。


エボラブルアジア


運営サイトが好調なうえ、民泊サイトも準備中。東証1部に市場変更を申請しており、2017年前半には承認もおりそうな勢い。


さらには、株式分割や配当開始への思惑もあり、まだ株価は2倍以上は狙えそうな銘柄。

ヒロセ通商(7185)

独立系の外国為替証拠金取引大手。子会社にJFXを持ち、英国、東南アジアにも拠点。


ヒロセ通商


FXで国内3位を争う取引高を持ち、為替市場の乱高下で口座数、売買代金は順調に増加中。
海外事業の華が開くと大きく飛躍できそうです。


筆者がFX取引で利用しており、キャンペーンの話題性やユーザーサポートも安心のFX会社です。

イトクロ(6049)

教育関連で国内首位の口コミポータルサイト。閲覧ユーザーの問い合わせ数に応じ塾等に課金


イトクロ


日本人が高等教育に傾斜しているのか、少子化にもかかわらず利用者数が伸びており、利益率も上昇。他の運営サイトとのシナジー効果にも期待でき、M&A発表への思惑も。

ダブルスタンダード(3925)

企業向けビッグデータの生成・提供と活用サービスの企画開発が2本柱。データ結合などに強み


ダブルスタンダード


2017年に市場規模は1000億円となると見られているビッグデータ市場。
売上の割に株価に勢いがありませんが、1年かけて形成した三角保ち合いを上抜けると一気に5000円が見えてきます。

インフォテリア(3853)

ソフトサービス会社。データ連携用「アステリア」、データ管理用「ハンドブック」はシェア首位


インフォテリア


2015年末にテックビューロと資本業務提携し話題に。ビットコインの技術は非常に高度で、日本にこれを理解している人は10人もおらず、そのうちの一人がテックビューロにいるとのこと。

フィンテック技術での大化けを狙うとすれば、インフォテリアが一番の大穴ではないでしょうか。株価が大崩れする可能性も低く、安心感がありそう。


いかがでしたでしょうか。

どれも、好業績・有望テーマ・成長株のいづれかに該当している有望企業だと思います。

購入時期も、記事執筆時点の1月18日時点の価格はどれもちょうど良い価格に思えます。

投資の参考になりましたら幸いです。

NISAの口座をお探しであれば、以下をご覧ください!

【PR】NISA口座比較ランキング!

top