株式投資初心者が最初に買った株は?(2016年4月)

【著者】 児山 将



株式投資を始めようと口座を開設したものの、記念すべき最初の株をどうしようか迷うはずです。

そこで、投資初心者が最初にどのような株を買っているのか紹介したいと思います。

SBI証券では、「SBI証券ではじめてお取引された銘柄人気ランキング」というものがあります。
SBI証券は個人投資家が一番利用しているネット証券ですから、このランキング=投資初心者の方が最初に購入した株 となる可能性が高いと考えられます。

最初の銘柄選びのご参考にどうぞ!

SBI証券ではじめて取引された銘柄ランキング(2016年4月)

順位 コード 銘柄 価格
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 165.8
2 7203 トヨタ自動車 5,634
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 507
4 7211 三菱自動車工業 495
5 8267 イオン 1,654
6 1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックスETF 11,110
7 1308 上場インデックスファンドTOPIX 1,365
8 4594 グリーンペプタイド 1,578
9 4563 アンジェス MG 773
10 6752 パナソニック 955.6

2015年に大塚家具、東芝やシャープが日本中の注目となるようなニュースとなった時には、投資初心者が最初に買い付けることとなりました。

今回は三菱自動車工業が排ガス不正問題で揺れていますが、過去の傾向と同様に今回も入っています。
やはりニュース性があり良く動いていると、売買したくなるのでしょうね!

NISA口座情報

続いて、NISA口座のランキングです。
こちらは1週間ごとの更新のため、2016年5月2日~6日のデータとなります。

NISA買付金額

順位 コード 銘柄 価格
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 165.8
2 7203 トヨタ自動車 5,634
3 7751 キャノン 3,067
4 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 507
5 1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックスETF 11,110
6 4661 オリエンタルランド 7,284
7 8267 イオン 1,654
8 8591 オリックス 1,545.5
9 7201 日産自動車 1,002.5
10 6758 ソニー 2,730

こちらは、王道の銘柄ばかりが並んでいます。
いつもは、2,3銘柄イレギューラーでその週のテーマ株が入るのですが、今回は非常に珍しい週となりました。

NISA保有残高

順位 コード 銘柄 価格
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 166
2 8031 三井物産 1,296
3 7203 トヨタ自動車 5,634
4 7751 キヤノン 3,067
5 8267 イオン 1,654
6 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 507
7 4565 そーせいグループ 25,480
8 4502 武田薬品工業 5,030
9 9202 ANAホールディングス 331
10 8053 住友商事 1,116

トヨタ、UFJなどの王道銘柄に加え、株主優待で人気のあるイオン、ANAが入っています。

そして、昨年秋からマザーズで大人気の創薬銘柄そーせいが堂々のランクイン!
100万円で購入できたのは、2016年1月まででした。保有している人は最低でも250万円の含み益があるということになりますね!

ジュニアNISA買付金額

順位 コード 銘柄 価格
1 4661 オリエンタルランド 7,284
2 8411 みずほフィナンシャル・グループ 165.8
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 507
4 1306 TOPIX連動型上場投資信託 1,381
5 7751 キャノン 3,067
6 7203 トヨタ自動車 5,634
7 9861 吉野家ホールディングス 1,422
8 3296 日本リート投資法人 投資証券 280,400
9 2897 日清食品ホールディングス 5,390
10 7412 アトム 673

ジュニアNISAらしく、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドが1位にランクインしています。

NISAとの違いは、吉野家や日清食品、アトム(外食チェーン)があり長期保有の為に株主優待を狙った投資がおおいのではないでしょうか。

ジュニアNISA保有残高

順位 コード 銘柄名 現在値
1 4661 オリエンタルランド 7,284
2 7203 トヨタ自動車 5,634
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 165.8
4 7751 キヤノン 3,067
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 507
6 8031 三井物産 1,295.50
7 9861 吉野家ホールディングス 1,422
8 9202 ANAホールディングス 331
9 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1,003
10 8591 オリックス 1,545.50

買い付け金額と6社が同じとなります。
配当利回りが3%を越える三井物産に7~10位は優待銘柄となっています。

今後の定期的に調査し、個人投資家動向を報告していきますね!

NISA(ニーサ)特設ページ↓↓
nisa

top