日銀がマイナス金利を導入=不動産・建設株に脚光

【著者】 児山 将



1月29日、日銀金融政策決定会合にてマイナス金利政策の導入が決定されました。
投票の結果は賛成5人、反対4人とギリギリの決定となり、委員内でもマイナス金利の導入には意見が分かれた格好となりました。

ここでいうマイナス金利とは、銀行などの金融機関が預ける義務のある日銀当座預金に必要分を超えて預け入れる際の金利(付利)のことをいいます。
現行では、0.1%のところ、これをマイナス0.1%に引き下げることが決定されました。適用開始日は2月16日から。

また、決定会合後に公表した経済・物価情勢の展望リポートでは、原油安を踏まえ、2%の物価上昇目標の実現時期を従来の『16年度後半ごろ』から『17年度前半ごろ』に後退させました。

そもそもマイナス金利とは

マイナス金利についてもう少し詳しく説明します。
上にも書きましたが、マイナス金利と聞くと個人の預金も預けていると金利を払わないといけないのではないかと不安になる人も多いでしょう。

しかし、これは金融機関が日本銀行に預けなければならない預金のうちの超過準備金がマイナス金利になるということです。

例えば、ゆうちょ銀行だと2兆円ほどを日本銀行に当座預金として預けなければなりませんが、それ以上に35兆円程(一説には41兆)超過準備金として預けているといわれています。
この金利が0.1%ですので、ゆうちょ銀行は何もしなくても年間350億円ほど日銀から金利が支払われるということになります。

日銀

しかし今回、超過準備金が0.1%から-0.1%になったことから逆に年間330億円支払わなければならなくなります。
年間350億円の収入が一転-330億円ですので、その差額が680億円。

それならば、ゆうちょ銀行はこの超過準備金を引き出して国債なり株やETFなどのリスク資産で運用する可能性も出てきます。

既に欧州中央銀行(ECB)は2014年6月にマイナス金利を導入していますが、欧州は日本より不景気なので銀行の貸し出しもあまり伸びていないようです。
つまり、効果は薄いということですね。

日本でもカネ余り、運用難が叫ばれている昨今、その資金は行き場を失い大半は国債へとながれていくのではないでしょうか。

参考に日銀のサイトにあった画像をご覧ください。
政策金利
出所:日本銀行ホームページ

不動産・証券が強く銀行は弱い

上記のようなこともあり、マイナス金利が発表されて一番売られたのは上のゆうちょ銀行のように確定収入がなくなってしまう銀行株でした。
ゆうちょ銀行(7182)、横浜銀行(8332)などは一時7%越える下落幅となり、これが日経平均株価を叩き落す要因となったようです。



しかし日経平均株価が大暴騰の後暴落し、行って来いとなった後は不動産/
建設株が相場をけん引。
これには、銀行が貸し出しを増やすために住宅ローン金利が下がるという連想となったようですが、管理人はイマイチピンときませんでした。
しかし、相場が反応しているのでそういうことでしょう。

新規上場間もないインベスターズクラウド(1435)が早々にストップ高となり、民泊でも一時盛り上がった成長企業のプロパスト(3236)は上昇率33.61%と常勝ランキング1位となりました。




次いで、投資額が増加するとのことで野村HD(8604)などの証券会社の株価が上昇しています。



市場参加者は金融機関の貸し出しは伸びないものの、多少なりとも溢れた資金の一部は投資に向かうと考え、少なくとも株式市場にマイナスに働くということはないとの判断に至ったようです。

識者の今後の日経平均のターゲットとしては、いずれも1000円程の上昇を見込んでいるが、年初来高値を越えていくという意見はない。

大勢は3番天井を探りに行く展開を想定する。戻りのメドは1万9000円プラスアルファ。(植木靖男氏 株式評論家)

日銀のデフレ脱却、株価浮揚に対する意思が改めて強く示されるなか、日経平均株価はテクニカル的にも大底圏にあるといってよく、少なくとも浮上の契機となるだろう。好業績、好材料、株価出遅れ、という3拍子揃った銘柄を探して選別物色を進めるべきだ。(有沢正一氏 岩井コスモ証券 投資調査部副部長)

マイナス金利の導入は、外国為替市場へのインパクトが大きいようで、先行き不透明感の出ていた主力輸出企業の業績向上に効果を発揮しそうだ。小出し新たな緩和策に踏み込んだということは、“さらに次の対策も用意している”ということだ。
日経平均株価の上値メドは90日移動平均線に相当する1万8500円水準。
(高橋春樹氏三木証券 執行役員 商品副本部長)

今回の日銀に関しては、悲観的な意見が多かったが、まさかのマイナス金利の導入というサプライズ発表により、黒田バズーカ3とはいえなくとも、ショットガンくらいの威力を発揮したのかもしれない。

週末に色々なニュースが出てくるので追ってアップデートしながら今後の展開を想定しておきたいと思います。

これで『黒田ロング』と2大テーマ株の『VR(仮想現実)祭り』『5G祭り』の3拍子に踊りながらしばらくは日本株で稼ぐチャンスが大いに増えることとなりました。

top