株の初心者が最初に買った株は?(2016年12月)

【著者】 児山 将

久しぶりに、株の初心者が最初にどのような銘柄を取引したのかチェックしたいと思います。

このデータは、今の投資トレンドや銘柄の話題度を計るために使えます。

SBI証券では、SBI証券ではじめてお取引された銘柄人気ランキングというものがあります。
SBI証券は個人投資家が一番利用しているネット証券ですから、このランキング=投資初心者の方が最初に購入した株、となる可能性が高いと考えられます。

最初の銘柄選びのご参考にどうぞ!

SBI証券ではじめて取引された銘柄ランキング(2016年12月)

順位 前月比 コード 銘柄名
1 8411 みずほフィナンシャルグループ
1 1308 上場インデックスファンドTOPIX
1 8267 イオン
4 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
5 NEW! 6753 シャープ
6 NEW! 7211 三菱自動車工業
7 8410 セブン銀行
8 NEW! 2702 日本マクドナルドホールディングス
9 NEW! 7751 キヤノン
10 7201 日産自動車

やはり、安定のみずほFG、三菱UFJFGといったところでしょうか。
抜群の人気を誇る株主優待銘柄のイオンも上位に位置しており、12月が権利付きのマクドナルドHDもやはりランクイン。

今回驚くべきは、なんとトヨタ自動車が入っていないこと。代わりに、鴻海で株価の復活を遂げたシャープと喜ばしい話題ではない三菱自動車が入っています。

信用取引

順位 前月比 コード 銘柄名
1 NEW! 2702 日本マクドナルドホールディングス
1 NEW! 2503 キリンホールディングス
1 NEW! 3197 すかいらーく
4 NEW! 3003 ヒューリック
5 NEW! 6502 東芝
6 NEW! 2811 カゴメ
7 NEW! 4633 サカタインクス
8 NEW! 2501 サッポロホールディングス
9 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
10 1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信

信用取引部門には、何故か1位がマクドナルド。業績が上抜いてきた期待でしょうか、キリン、すかいらーく、カゴメとなぜか優待銘柄が多く並びます。

東芝は、やはり話題性といったところでしょうね。サカタインクスは、ブラジルの印刷用インキメーカーを買収したことや、二ケタ増益が影響しているのでしょうか。意外性を感じさせるランクインとなっています。

NISA口座

順位 前週比 コード 銘柄名 株価
1 6502 東芝 259.9
2 8411 みずほフィナンシャルグループ 216.6
3 4502 武田薬品工業 4,793
4 4528 小野薬品工業 2,314.50
5 6753 シャープ 312
6 NEW! 2914 日本たばこ産業 3,711
7 NEW! 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 752.9
8 NEW! 3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングス 981
9 NEW! 8267 イオン 1,652.50
10 7201 日産自動車 1,140.50

毎回、大塚家具やシャープなどで話題となるNISA口座。
今回は、株価の復活を遂げた東芝が1位にランクインしました。しかし、記事執筆時点では、原発の減損処理問題で大きく揺れています。

他のランクインはいつもと変わらない景色といったところ。人気のメガバンクに製薬会社、優待銘柄に信頼度の高い自動車大手が揃っています。

ここでもトヨタが入らないのは、購入単価の問題でしょうか。

来月は、法的整理問題で連続ストップ安とストップ高を繰り返したタカタ(7312)がランクインしそうですね!

NISA(ニーサ)特設ページ↓↓
nisa

top