マーケット

1年で一番アツイ!12月相場でひと稼ぎのチャンス!

2015年も残すところあと1カ月となりました。 今年は2000年4月に付けた2万円を上回り、ITバブル時の高値に並ぶ18年ぶりの水準まで上昇しました。6月1日には日経平均株価12連騰も記録!(歴代3位) 9月9日には歴代 […]

イオン(8267) の株価はどうなる!?

みなさんご存知のイオン株式会社。 マックスバリューやミニストップなど、日本国内外260余の企業で構成される最大手の流通グループ「イオングループ」を統括する会社です。 今回は、充実の株主優待で個人投資家から人気を誇るイオン […]

なぜマクドナルドの株価は下がらないのか?

Twitter Facebook Google+ はてブ 皆さんご存知のマクドナルド! 同社は中国の食肉問題やチキンナゲットの消費期限切れや異物混入などこの数年間でネガティブニュースを挙げればキリがないほど悲惨な状態にな […]

【App bank上場】マックスむらいさんの資産が30億円を突破!

ユーチューバーとしても有名なマックスむらいこと村井 智建さん。 youtubeのCMにも出演されているので、名前を知っている人も多いのではないでしょうか。 実は同氏は、スマホアプリ紹介サイトのApp bankなどを運営す […]

日本郵政のIPOが成功の見通し!需要が供給を上回る

先日10月8日よりブックビルディングを開始した日本郵政グループ。 その売出が順調にいきそうだということを、ブルームバーグが事情に詳しい関係者への取材で分かったと報じました。 先日、仮条件が決まった日本郵政グループ3社の売 […]

日本郵政のIPO(新規上場)で当選するには?

日本郵政グループが11月4日(水)に東証一部へ上場します。 過去の大型上場では、NTTやNTTドコモが大きく上昇したように今回も大注目を集めることは間違いなさそうです。 想定価格は1,350円(PER12.6倍)となって […]

日本郵政上場における投資戦略

日本郵政グループ(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が11月4日に上場することとなりました。 これは総額約1兆3,876億円の株式売り出しとなり、2014年に新規上場した全IPOの額を上回ることとなります。 その規模の […]

日経平均1,343円高!21年ぶり史上6番目の上げ幅を記録!

なんでこんなに上げた?初心者にも分かり易く解説 9日の日経平均株価は前日比1,343円高い18,770円(7.71%)まで上昇しました。 この上昇幅は1994年1月以来21年7ヶ月ぶりとなり、史上6番目の上げ幅を記録。上 […]

空前のチャンスが到来!明日は寄り付きから全力買い!!

空売りが黒焦げになる相場に 8日の日経平均は4-6月期のGDP(改定値)を好感しまずまずのスタートを切っていました。 まさに管理人が予想した通り米国の雇用統計で切り替えし通りの動きでした。 しかしながら直ぐに伸び悩んでし […]

過去の暴落相場に学ぶ今後の相場展望

日経平均は高値から3,000円以上の大暴落。 日経平均先物は一時17200円まで下落する歴史的大暴落となりました。 恐怖指数と呼ばれるVIX指数は53.29まで上昇(直後に急落し30台へ)し、リーマンショックの次に高い値 […]

チャイナショック再び!?今後の投資戦略

ご存知の通り中国株が再び急落を始めています。 参考:中国の悪質な市場介入!?にIMFが警告 ここでどういう投資戦略を取るかで、今後の運用パフォーマンスが変わることはいうまでもありません。 単純にキャッシュ比率を上げたり、 […]

中国の悪質な市場介入!?にIMFが警告

今週から再び中国株が下落しています。 記事執筆時点で上海総合指数は-3%安ほどですので、昨日の-8%と合わせて前週の終値より10%以上も下落したことになります。 これを日経平均にすると、わずか2日足らずで2,000円の下 […]

東芝が上場廃止になれば、株価はどこまで下がるのか

Twitter Facebook Google+ はてブ 最新記事:2015年12月8日 東芝の目標株価は?(2016年12月28日更新) なぜ東芝の株価は下落しないのか 東芝(6502)が不適切会計で揺れるなか、株価は […]

中国バブルの崩壊で日本株への影響は?

心配な中国バブル(前回記事:中国バブル崩壊か)ですが、日本株への影響はどうでしょうか。 先のギリシャショックでも大した影響はないと書きましたが、結果はご覧の通りです。 まずは、上海総合指数と日経平均をご覧ください。 ・上 […]

中国バブルの崩壊か

空前のペースで上昇していた中国株の下落がどうにも止まりません。 中国の日経平均にあたる上海総合指数は6月半ばから3週間で25%以上の下落率となり、この間には200兆円以上がなくなったといわれています。(上海総合の時価総額 […]

top