チャイナショック再び!?今後の投資戦略

【著者】 児山 将

ご存知の通り中国株が再び急落を始めています。

参考:中国の悪質な市場介入!?にIMFが警告

ここでどういう投資戦略を取るかで、今後の運用パフォーマンスが変わることはいうまでもありません。

単純にキャッシュ比率を上げたり、ディフェンシブ銘柄に投資するという手もありますが、それでは面白みがないというのが個人的な意見です。

私は投資初心者ではありませんので、よほど不透明感のある相場が来ない限りアクティブに攻めていこうと考えています!

そこで、こういった相場に有効なシンプルな投資戦略を2つピックアップしました。

ショック安相場の時に上昇している銘柄を追いかける
ショック安の前に年初来高値を更新している銘柄の下げ止まりを拾う

これらの銘柄はボラティリティがありますので、当然リスクは高くなります。しかし、大きなリターンが得られる可能性が高いことから、攻めの投資を行う人向けといえるでしょう。

ショック安相場の時に上昇している銘柄を追いかける

本日は途中で上海が切り替えし一時プラス圏へ上昇しましたので、後場は強かった銘柄も多いと思います。

その中でも印象的だった銘柄をピックアップしました!

コード 銘柄 株価 上昇率 単元株数
6334 明治機械 262 18.55% 100株
7707 プレシジョン・システム・サイエンス 1,035 16.95% 100株
4570 免疫生物研究所 1,743 13.26% 100株
3689 イグニス 4,055 9.45% 100株
4849 エン・ジャパン 2,945 8.75% 100株
1959 九電工 2,184 6.80% 1000株
2772 ゲンキー 13,710 8.55% 100株
8572 アコム 573 4.18% 100株
4922 コーセー 12,320 1.82% 100株
4572 カルナバイオサイエンス 4,150 -0.72% 100株

(株価は7月28日終値)

明治機械<6334>は穀物関連機器がTPPの恩恵を受けるとされて、先日暴騰した後に行って来いとなったものの再び動意を強めしっかりとした動きとなっています。

PSS<7707>は材料が出てまだ初動。明日寄り付いたら買っていきたいですね。
免疫生物研究所<4570>は、10時過ぎから売られたものの、しっかりと買いが入りまだまだ強い動き。

イグニス<3689>は以前から盛り上がっていますが、勢いは衰えていません。

エン・ジャパン<4849>は営業利益が22.2%増に。「エン転職」で応募効果が引き続き好調であったことに加え、6月から実施したテレビCMなどの積極的なプロモーションにより、ユーザーや顧客企業の認知度が高まったことなどが要因で知名度も申し分なし!半値押しでしっかりと上昇しています。

九電工<1959>は27日にハウステンボス・技術センターと共同で再生可能エネルギーを用いたハイブリッド発電システム活用実験を開始したと発表!
また、同日に16年3月期の営業利益を63億円から77億円(前期比18.3%減)に増額したことも材料となっています。まだまだ10.75と低PERです!

中国人旅行者に雪肌精が爆発的人気を誇るコーセー<4922>は後場プラス圏へ浮上。ゲンキー<2772>は年初来高値を更新し、アコム<8572>も連日しっかりした動きを見せています。

管理人が好きなカルナバイオサイエンス<4572>は4,000円割れでしっかりとした値動きを見せ決算発表へ。

従来、未公表としていた15年12月期の連結業績予想を発表し、売上高は前期比2.5倍)、営業損益3億72,000万円の黒字と前期6億3,400万円の赤字からプラス転換。最終損益も3億6,400万円の黒字(同8億4,600万円の赤字)となりました。

サプライズ決算となり、6,030円を再び狙う動きが期待できそうです。

ショック安の前に年初来高値を更新している銘柄の下げ止まりを拾う

7月27日に年初来高値を更新したものの、本日は更新できずにおり、尚且つ割安な銘柄(PER16倍以下)をピックアップしました。

コード 銘柄 27日の終値 高値 28日の終値
2185 シイエム・シイ 4,580 4,600 4,550
2206 グリコ 6,420 6,660 6,470
2378 ルネサンス  1,378 1,393 1,376
2497 ユナイテッド 2,280 2,397 2,333
2503 キリンHD 1,855 1,857 1,855
2686 ジーフット 2,015 2,029 2,015
3153 八洲電機 653 658 649
3199 綿半ホールディングス 896 910 899
3317 サンマルクHD 4,285 4,365 4,275
4625 アトミクス 530 552 529
7525 リックス 1,390 1,427 1,385
7841 遠藤製作所 501 510 493
7902 ソノコム 884 1,100 822
8255 アクシアル リテイリング 3,720 3,900 3,640
8595 ジャフコ 5,670 5,930 5,460
9603 エイチ・アイ・エス 4,585 4,720 4,600
9959 バロー 3,070 3,170 3,050
9957 バイテック 1,421 1,500 1,417

ここから日経平均が切り返してきた時に、より上昇の力の強い銘柄を後日取り上げていきたいと思います。

お楽しみに!!

top