信用取引とは?

【著者】 児山 将

信用取引とは、現金や株式(有価証券)を担保として証券会社に預けることで、その取引口座にあるより多くの額の取引が可能となる株式取引の仕組みの1つです。

大きく分けると、以下の3つの仕組みがあります。

自己資本と比較し、約3.3倍の取引が可能
保有していない銘柄でも空売りができる
同じ銘柄を一日に何度も売買可能

また、信用取引にも種類があり、一般信用取引と、制度信用取引があります。
そして、信用取引では投資家が証券会社にお金や株式を借りて取引を行うため、借りたお金や株式に金利が掛かります。

信用取引の3つの魅力

自己資本と比較し、約3.3倍の取引が可能
例えば、口座に30万円がある場合は、原則100万円までの取引が可能となります。

保有していない銘柄でも空売りができる
現物取引では買いしかできませんが、信用取引では空売りが可能となっています。
その為、相場の下落局面でも利益をあげることが可能となります。

同じ銘柄を一日に何度も売買可能
意外と知られていないのですが、現物取引では同一銘柄は1日に1回しか売買できません。
しかし、信用取引でなら1日に何度も売買することが可能となっています。

信用取引のデメリット

金利が掛かる
信用取引では証券会社から自分の持っていないお金や株式を借りていることから、銀行からお金を借りると金利が掛かるのと同様に金利が掛かります。
買いの場合】
信用買方金利・・・証券会社から借りたお金に対する利息が年率約3%程度掛かります。

売りの場合】
貸株料・・・・・・証券会社から株を借りるためのレンタル代で、年率約1%程度必要となります。

逆日歩(ぎゃくひぶ)・・・株を売る人が増えた時に、市場で株が不足した時に追加でかかる費用です。
1株単位で1日ごとに発生するため、1株当たり1円でも1000株売っていれば1日で1,000円とかなり多めの負担となります。

信用取引の9つのルール

制作中。。

top