12月注目銘柄

【著者】 児山 将



いよいよ2015年も残すところあと1カ月となりました。

11月の注目銘柄もそーせい、カルナバイオが1.5倍になり調子の良い今日この頃。

今年の12月は日本としてはIPOが19社もあり、過去12年では上昇9回の当たり月!
(参考:1年で一番アツイ!12月相場でひと稼ぎのチャンス!

マクロ的にもECBの金融緩和期待にFRBの利上げというイベントがあり、いづれも株式市場にはプラスに働く見込みとなっています。

なにより、5.23ショック以降と違い、20%の下落した後にわずか3ヶ月半で2万円を奪還できたことは非常に大きい。日本市場の強さを感じられます。

さて、今月も良い相場展開のなか銘柄をピックアップしていきます。
早めに出したかったのですが、日経平均が2万円タッチして崩れると怖いので今朝になりました。

テーマ株・成長株・主要株と挙げていますのでご参考までに。

12月に買いたい日本株

今月の最初のテーマは有機EL(エレクトロルミネッセンス)です。

そのなかでも一番良い反応を見せている倉元製作所をピックアップ。

■倉元製作所(5216)
倉元製作所  5216

同社は、動き始めるととんでもない暴騰を見せる銘柄で、知り合いの専業投資家さんもここぞとばかりに資金を投入したりするそうです。

春には1200円への急騰を見せた後に行って来いとなってしまいましたが、今回は有機ELという一大テーマとなりました。少なくとも12月は400円を割り込んで終えることはないのでしょうか。

ちなみに、買いとかいたところはTwitterで買いだとつぶやいたところです。
800円トライを期待しています!

続いてマイナンバーの次の国策銘柄と噂されているストレスチェック関連銘柄です。

ストレスチェック制度とは、従業員が50人以上の会社は従業員に対してストレスチェックを行い、高ストレスと判定され、かつ面接を希望する従業員には医師による面接指導を実施する義務があるというもの。
施工は年月は今年12月からで、頻繁にWBSでも取り上げられています。

その中から2銘柄をピックアップ!

■アドバンテッジリスクマネジメント(8769)
アドバンテッジリスクマネジメント  8769
同社は、「ストレスチェック義務化」に伴うサービス強化のため、全国45都道府県70拠点のメンタル専門医療機関・医師と提携したと発表しています。

■ベネフィット・ワン<2412>
ベネフィット・ワン  2412

カンブリア宮殿でも放送された福利厚生代行サービスを中心に会員制サービス事業を展開する同社。
2016年通期予想は、売上高が33.5%増加の289億円、経常利益が30.1%増の43億5000万円の見通しと絶好調です。

チャート的にも、75日を突破し25日移動平均で支えられている今が絶好の買い時ではないでしょうか!

続いて、忘年会シーズンとインバウンド銘柄からぐるなびを取り上げます。

■ぐるなび(2440)
ぐるなび  2440
HPを持たない小規模居酒屋の強い味方!
コンサルティングの様なことも行っており、インバウンド顧客取り込みに向けての施策が功を奏しているようです。

年初来安値を順調に更新し、3000円を狙いたい!

■田中化学(4080)
田中化学研究所  4080
同社は日本株が大暴落をしていた8月24日に『従来品に比べて電池容量を最大で7割高められる次世代正極材を共同開発』との理由でストップ高した銘柄。
第2四半期決算で下方修正したものの、その後ストップ高し1,000円を節目としてまだまだ買いたい投資家が多い様子。1300円台後半を抜けてくると、1500円トライが見込めます。

続いて、円安というテーマから自動車銘柄を3社ピックアップ。

12月にはECBの金融政策の発表により材料出尽くしでユーロにショートカバーが入りユーロ円が上昇。
そうすると、欧州に強い収益力を持つマツダ(7261)がアツい!
マツダ  7261
PERは9.95。2016年には無借金経営に達する見込み。
UBS証券のターゲットは2,900円、ゴールドマンは3,300円

PERがまだ11倍でSUVの売れ行きが好調な日産(7201)と、北米が非常に好調だった富士重工業(7270)にも注目。

■日産(7201)
日産自動車  7201

■富士重工業(7270)
富士重工業  7270

■追記:12/3

■GMOペイメントゲートウェイ(3769)
GMOペイメントゲートウェイ
同社は11月に1000円の上昇を果たし、もうお腹いっぱいだとみていました。
PERは100倍越えで、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の目標株価5,900円にも到達しており割高感は否めません。

しかしながら、12月はECサイトの売り上げが急速に伸びる月。さらに、本日「Twitter広告」の主要代理店に認定されるとの報道がありました。月末には5000円台半ばまで下落しているかと思いますが、もう一段の急騰があるのではとみています。

■日本セラミック(6929)
日本セラミック
同社は赤外線センサー分野で圧倒的な世界シェアを有しており、この技術が自動車向けで市場拡大の恩恵を享受するとの見方が強まっています。

車載用超音波センサーの売り上げは現状60億円。これが2018年には80~85億円前後まで拡大する見通し。PERは割高ですが、PERが1倍割れで、2007年以来となる2000円台に向けて順調に上昇中。

来年には2000年の上場来高値となる2,655円を突破するとみています!

■注目銘柄データ

コード 銘柄 12/1終値 単元株数
5216 倉元製作所 488円 100株
8769 アドバンテッジリスクマネジメント 5,410円 100株
2412 ベネフィット・ワン 2,386円 100株
2440 ぐるなび 2,654円 100株
4080 田中化学研究所 1,128円 100株
7261 マツダ 2,620円 100株
7201 日産 1,289円 100株
7270 富士重工業 5,200円 100株
3769 GMOペイメントゲートウェイ 5,920円 100株
6929 日本セラミック 1,961円 100株

※GMOペイメントゲートウェイと日本セラミックは12/2終値。
※投資における最終判断は、ご自身の決定にてお願い致します。

クリスマスバナー

10万円以下なら手数料無料!?

手数料の安い証券会社といえば、ライブスター証券GMOクリック証券です!
現物手数料比較ランキング

50万ほどの投資資金でも、信用取引で一日に何度も売買していると、意外と500万近くの売買代金になってしまいます。手数料も馬鹿になりませんので、自分のニーズを見つつ証券会社を選んでみてはどうでしょうか。

top