ETF

【著者】 児山 将

株式市場に上場する銘柄にETFというものがあります。分散投資の対象としても人気ですが、ETFとはどんな銘柄なのか解説します。

ETFとは

FTFとは、[Exchange-Traded Fund]の頭文字をとったもので、上場投資信託、上場投信、または株価指数連動型上場投資信託と呼ばれています。

その名の通り、上場した投資信託のことです。株式と同じように売買できるのが特徴です。

ETFの特色とメリットとは

ETFにも様々な種類があります。たとえば・・・

・日経平均株価指数連動型ETF
TOPIX連動型ETF
・アメリカ株連動型ETF
・中国株連動型ETF
・新興国株式連動型ETF
・原油価格連動型ETF
・金価格連動型ETF

・・・などなど。ETFの種類は豊富です。これらETFを買うメリットとは何でしょうか。主なメリットをみてみます。

メリット1:分散投資が可能になる

たとえば、日経225連動型ETFは、東証に上場する225銘柄の平均株価に連動するものです。そのETFを買うということは225銘柄を買うのとほぼ同じことです。

つまり、1銘柄が倒産しても他の224銘柄に大きな影響はないため、比較的安定した投資が可能になるということです。これから日経平均が上昇すると思うならば、日経225連動型ETFは買いで良いと思います。

1銘柄に絞って株を買うより相対的にリスクが低く、分散投資の対象となるのが大きな特徴です。

メリット2:日本株連動型ETFは株投資と同じく信用取引ができる

一般の投資信託と違い、信用取引制度を利用し信用買いや空売りすることができます。すべてのETF銘柄で信用取引ができるのではなく、日本株連動型ETFに限りますが、信用取引ができるのは大きなメリットです。相場動向によっては、空売りで利益を上げることができます。

メリット3:収益分配金を受け取れる

株式売買における配当金はありませんが、収益分配金を受取ることができます。これも日本株連動型のETFだけのメリットになりますが、分配金を受取れるなら嬉しいですよね。貰えるタイミングは、該当ETF銘柄を保有し決算期を迎えることで分配金を貰えます。

ETFを覚えると投資の幅が広がります。ここでしっかり覚えておきましょう。

SBI証券は開設数・人気No.1!

ネット証券ランキング1位は個人投資家に人気のSBI証券

SBI証券 基本情報
現物手数料 10万円 97円
30万円 270円
50万円 270円
取扱商品 投資信託 2543本
ノーロード 850本
外国株 9ヶ国
NISAランキング 1位
キャンペーン

口座数NO.1にはやはり理由があります。手数料、取引ツール、情報力、初心者用コンテンツなど、全てにおいてバランスが取れており、口座開設で迷った場合はSBI証券が良いでしょう。ネット証券最大手だからこそ、顧客サポートも充実しており、取扱商品も多数あります。徹底したサービスで430万人に選ばれるということもうなずけます。
もちろんNISA口座も売買手数料が0円となるなど、お得度満載!スマホアプリでの取引も最先端を走っています!

300万人の投資家に選ばれる楽天証券

配信ニュース会社数業界No.1のSBI証券!

楽天証券 基本情報
現物手数料 10万円 90円
30万円 250円
50万円 250円
取扱商品 投資信託 2672本
ノーロード 1354本
外国株 6ヶ国
NISAランキング 2位
キャンペーン

ネットショップで有名な楽天のグループ会社。取引手数料で楽天スーパーポイントがもらえるところは嬉しいところ。「投資情報」が優れているのはもちろん、多くの個人投資家に絶大な支持がある取引ツール「マーケットスピード」をはじめ、取扱商品や投資情報なども幅広く無料で提供されています。「楽天証券に慣れてしまうと他では取引できない!」という声が多数あります!

top