投資を始めた人が最初に買った銘柄ランキング【2015年4月】

【著者】 児山 将

4月は新年度ということもあって、投資を始める人も多そうです。

そこで、今回は株式投資を始めた人が最初にどのような銘柄を買ったのかを見ていきたいと思います。

参考データはSBI証券の月間人気銘柄ランキングより

口座を開いたけれど、まだ売買をしていないという人は参考にしてみて下さいね!

初心者初売買銘柄ランキング (2015年4月)

SBI証券で初めて株を買った人はなんの銘柄なのか?

気になるその銘柄ランキングは以下。(全て現物のみ)

順位 前月比 コード 銘柄名 株価 最低投資金額
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 251.1 25,110円
2 4661 オリエンタルランド 8,344 834,000円
3 1570 NEXT FUNDS 
日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
17,930 17,930円
4 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 905.4 90,540円
5 8410 セブン銀行 593 59,300円
6 NEW 3318 メガネスーパー 52 5,200円
7 8267 イオン 1674.5 167,450円
8 NEW 7261 マツダ 2629.5 262,950円
9 NEW 9861 吉野家ホールディングス 1,434 143,400円
10 NEW 3606 レナウン 209 20,900円

                         (株価は5月25日終値)

やはり!?というべきでしょうか。NISAでも人気みずほ(8411)が1位となりました。

少額から買うことができて、配当利回りも2.99%と非常に高く、2月以降年初来高値を更新中です!

オリエンタルランド(4661)は、3月末に4分割を発表!
それまでは、300万円以上と高額でNISAでも買うことのできない価格でしたが、100万円以下となったことで初心者の人の人気が高まったようです。

好調な日経平均にレバレッジが掛かった商品は、常に売買代金の上位を占めていますし、メガバンクの中で一番好調な三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)も10万円以下で買うことができ人気ですね!

セブン銀行(8410)のATMでは海外発行カードが使えるため、インバウンド関連としても注目度の高くなっています。

イオン(8267)は主婦に大人気の株主優待銘柄で、100株以上の返金率は3%以上。1000株以上になると返金率は5%となり、さらにギフトカードが2,000円分もらえるというお得感満載な銘柄です。
ちなみに、こちらも年初来高値を更新中です!

さて、10位に入っているレナウン(3606)という聞き慣れない人も多い銘柄ですが、同社はアパレル名門です。しかし、不振が続き2013年には中国の山東如意の子会社になりました。

しかし、今年3月末にはインバウンド消費や企業の賃金引き上げの動きなどを背景に内需の個人消費関連として注目され、低PBRの低位材料株として注目されました。
さらに、15年2月期営業損益は4期ぶりの黒字化と期待され、株価は3月30日から4月6日のわずか6日間で124円から308円まで2.5倍に上昇!

レナウン3606

この上昇を見た初心者投資家さんが買いに入ったのだと思われます。

5月は話題株として5億への減資を発表したシャープ(6753)や決算で急騰した低位株のシーマ(7638)
プラーベートジムのライザップが大人気の健康コーポレーション(2928)や5月から株価が2.5倍になったゲーム株のガーラ(4747)がここに入ってくるのではないかと予できます。

参考:ライザップ(2928)は今後も買い?

今後の銘柄選びの参考になりましたら幸いです!

>>ネット証券を選ぶならコチラ!

top