NISA(ニーサ)口座でFXやCFDは取引可能?

【著者】 児山 将

NISA口座の申込数は720万件を突破!

「今年のニーサは今年だけ」と、度々CMでも放送しており、投資をしていない方にもすっかり定着したニーサということばですが、本当に盛り上がっているのでしょうか。実際に数字を調べてみたところ、なんと2014年6月時点で720万口座の申し込みがあることが分かりました。

日本の人口1億2千万人中、NISA口座を開設することができる20歳以上の人口は約1億人です。とすると、これは13人に1人がNISA口座で取引をしているということになります。今後も口座数は順調に増加することが考えられますので、実際にもかなり広がっていると考えて良いのではないでしょうか。

意外にも、投資を行っている人の多くが100万円以下の金額というデータもありますから、これにより「株式投資は資金が少なくてもできる」という認識が広まったのではないでしょうか。

対象者 日本国内在住の満20歳以上の個人
期間 2014年~2023年の10年間
口座数 1人1口座
非課税投資額 1年につき100万円 5年間有効
対象投資商品 上場株式、投資信託ETF,REIT、外国株式
対象期間 銀行、証券会社、投資信託

投資で得た利益にかかる税金は20.315%と高いですから、消費税増税とインフレが進むこの時代は、少しでも税金が安い方が良いですよね!

まだ、NISA口座を持っていない人は、是非とも口座開設をオススメします!
新規口座開設者にはキャンペーンもありますので、お得ですよ!

ネット証券NISA比較ランキング

人気のFXやCFDはNISA口座で取引できる?

では、最近若者を中心に人気のFXはどうなのでしょうか。残念ながら、NISAは投資で挙げた利益に関して非課税にするという条件となっています。FXはいまのところ、投資ではなく投機と認識されています。日経平均先物やCFD、オプション取引も同様です。しかし、投機的取引ではないような債権への投資も2014年現在は認められておらず、こちらは2016年より組み入れられるようです。

>>ネット証券NISA比較ランキング

top