グローバルコーディネーター

【著者】 児山 将



グローバルコーディネーターとは、公募やIPO(新規株式上場)において案件全体を束ね、上場スケジュールの管理や、証券の発行、取り扱い業務などを引き受ける主幹事証券会社のことをいいます。

通常のIPOでは主幹事と幹事証券に分けられるが、数千億から1兆円を越える規模となる巨大案件となると、国内だけではなく海外投資家も対象として上場株式の募集する場合もあり、複数の証券会社が証券の発行を引き受ける場合があります。

その様な場合は、通常のIPOとは違い非常に多くの証券会社が参加することになります。

グローバルコーディネーターそうなると主幹事証券も複数社となり、そのなかでも案件をまとめるグローバルコーディネーターという役柄が必要となります。

※幹事証券<主幹事証券(共同幹事)<グローバルコーディネーター

また、売出株の割当数も他の幹事証券よりも圧倒的に多いものになります。

JAL、郵政グループの上場でみるグローバルコーディネーター

2012年9月12日に日本航空(JAL)が東京証券取引所への再上場した際の主幹事証券は5社。
この際に、グローバルコーディネーターは大和証券が担いました。

この時に大和証券に割り当てられた株数は2番目に割り当ての多いみずほ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券を合わせた株数よりも多い4593万7千株!!

区分 会社名 割り当て株数
グローバルコーディネーター 大和証券 45,937,000
主幹事証券 みずほ証券 20,566,000
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 20,566,000
野村證券 18,374,000
SMBC日興証券 13,558,000

2015年の日本郵政グループが上場する際のグローバルコーディネーターは、野村證券と三菱UFJモルガンスタンレー証券、ゴールドマン・サックス証券、JPモルガン証券の4社。

今のところの報道によると、野村證券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券の2社への割当株数が全体の5割に達し、引受証券会社の中では同率トップになるようです。

参考:日本郵政グループ3社11月4日に東証1部へ上場!

SBI証券は開設数・人気No.1!

ネット証券ランキング1位は個人投資家に人気のSBI証券

SBI証券 基本情報
現物手数料 10万円 97円
30万円 270円
50万円 270円
取扱商品 投資信託 2543本
ノーロード 850本
外国株 9ヶ国
NISAランキング 1位
キャンペーン

口座数NO.1にはやはり理由があります。手数料、取引ツール、情報力、初心者用コンテンツなど、全てにおいてバランスが取れており、口座開設で迷った場合はSBI証券が良いでしょう。ネット証券最大手だからこそ、顧客サポートも充実しており、取扱商品も多数あります。徹底したサービスで430万人に選ばれるということもうなずけます。
もちろんNISA口座も売買手数料が0円となるなど、お得度満載!スマホアプリでの取引も最先端を走っています!

300万人の投資家に選ばれる楽天証券

配信ニュース会社数業界No.1のSBI証券!

楽天証券 基本情報
現物手数料 10万円 90円
30万円 250円
50万円 250円
取扱商品 投資信託 2672本
ノーロード 1354本
外国株 6ヶ国
NISAランキング 2位
キャンペーン

ネットショップで有名な楽天のグループ会社。取引手数料で楽天スーパーポイントがもらえるところは嬉しいところ。「投資情報」が優れているのはもちろん、多くの個人投資家に絶大な支持がある取引ツール「マーケットスピード」をはじめ、取扱商品や投資情報なども幅広く無料で提供されています。「楽天証券に慣れてしまうと他では取引できない!」という声が多数あります!

top