一風堂を運営する力の源ホールディングスが上場!

【著者】 児山 将

かねてから上場の噂のあった、人気ラーメンチェーン店「一風堂」を運営する力の源ホールディングスが上場となります。

同社は30年ほど前に福岡でスタートし、全国で人気のラーメン屋となりました。2008年に海外進出も果たしており、今では国内外に多くの店舗を持ち、知名度も高いラーメンブランドとなっています。海外のラーメンブームに乗って、上場後は海外事業を加速するのではないでしょうか。

ここでは 力の源ほHDのIPO株を手に入れる確率を上げる方法や おすすめの証券会社情報を掲載します。


また同社の企業情報や事業・財務内容、投資家として気になる点などを説明します。 IPOに向けて注目ポイントを確認しておきましょう!

「力の源ホールディングス

ラーメンチェーンの一風堂をはじめ、飲食事業やフードイベント、フランチャイズ支援、食材の製造提供などを行う子会社の事業戦略・経営指導を行う。

グループの核となる一風堂

一風堂をメインとした飲食店は国内に81店舗、海外は東南アジアをはじめとしてアメリカからヨーロッパまで12カ国、60店舗を展開しています。

海外ではラーメンは高級食となり単価も高く、日本より出店コストや原価が高くなってもリターンがあるようです。ラーメンという分類なので、客単価の上昇が期待できない分、店舗展開が成長へのカギとなるでしょう。日本国内にも店舗展開できる余地は十分にあり、上場で得た資金を利用し国内外の店舗数の増加が期待できます。

また、売り上げの方は200億円以上で前年比で16.9%と、ベンチャー企業並みの成長率。創業から30年以上経つものの、まだまだ上昇曲線はしっかりしています。

上場時の時価総額は300億円程を見込まれており、まずまずの規模の上場となりそうです。直近で上場した飲食銘柄の串カツ田中<3547>が上場後1ヶ月で2倍達成となったことから、注目度の高さも抜群だと思われます。
さらに、飲食店ということで株主優待の新設も期待できます。

投資で利益を出して、優待でお得にラーメンを食べてと、美味しい投資案件になることに期待したいですね!

top