ジュニアNISAが2016年からスタート!

【著者】 児山 将

ジュニアNISAという未成年向けのNISAが2016年よりスタートします!
口座の受け付けは1月からで、運用開始は4月から。

ジュニアNISA各金融機関は子供向けの投資教育を開いたり、TVでもトピックスとして取り上げられていたりと早くも盛り上がりをみせています。NISA口座数も2014年末で825万口座と順調に口座数を伸ばしています。

こういった官民挙げての取り組みもあり、先進国で最低といわれる投資人口比率も数年後には大きく変わりそうですね。

ジュニアNISAとは

制度の概要

ジュニアNISAはこどもNISAともいわれており、その名の通り未成年(0歳~19歳)が対象となっています。
年間の非課税枠は80万円までとなっており、投資で得た利益は大人NISAと同じく非課税となります。制度の期間はNISAと同じ2023年までとなっており、非課税期間も5年までとなっています。

しかし、払い出し期間は原則名義人が18歳まで制限されています。経済的悩む終えない事情により、その期間以前に払い出す場合は通常の口座通り課税されます。

また、口座の変更は大人版NISAと違い不可能となっています。

そもそもNISAとは

NISAとは少額投資非課税制度のことで、NISA口座での年間100万円までの投資に対しては非課税となります。

通常の証券口座との比較は以下のとおり。

比較項目 NISA口座 証券口座
購入可能額 1年で100万円 自由
期間 5年間 なし
損益通算 なし 可能
税金 非課税 20.315%

NISAとジュニアNISAと未成年口座との違い

口座の種類が多く、どう違うのか分かりづらいので、表にしてみてみましょう。

項目 ジュニアNISA NISA 未成年口座
年齢 0~19歳 20歳以上 未婚の20歳未満
年間投資上限金額 80万円 100万円
投資可能期間 2023年まで 2023年まで
非課税対象 株式、投資信託ETF
RIETでの利益
株式、投資信託ETF
RIETでの利益
全商品が対象
非課税期間 投資した年から5年間 投資した年から5年間
運用管理 18歳までに払い出す
と課税対象
いつでも可能 15歳未満の場合は
親権者又は未成年後見人

ちなみに、ジュニアNISAの口座開設を行うには、大人版NISA口座を開くのと同様に、通常の証券口座を先に開設しなければなりません。
※未成年口座の開設は不要です。

ジュニアNISAがつくられた理由

個人がジュニアNISAを開設する目的は、投資における利益の非課税ですが、精度をつくった政府側の目的はなんなのでしょうか。

その目的は以下の3つあると思われます。

1.投資家層の拡大
日本で投資を行う年齢層は、高くなるにつれて多くなり、高齢者層が圧倒的割合を占めています。ジュニアNISAの導入により、幼いころから投資に触れることにより彼らが成人した時の投資への興味が全く違ってくるというものです。

2.高齢者の金融資産の移動
ジュニアNISAへ資金を出すのは祖父や祖母が孫の進学資金の為に出すことが多いでしょう。これで、いわゆるタンス預金が株式市場を通じて企業に辿り着くことで経済が活性化するのです。

3.長期投資の促進
ジュニアNISAの口座資金は、本人が18歳未満の場合に引き出してしまうと、非課税の恩恵を受けられません。その為、長い間口座に資金が残る可能性があることから、運用も長期投資となることが考えられます。

ジュニアNISAの注意点

どこの証券会社の口座にするか

ここで大事になるのがどこの証券会社の口座にするかです。銀行は投資信託だけなので、最初から選択肢にないのはいうまでもありません。
そして、ジュニアNISAはふつうのNISAと違い金融機関の変更ができませんので、慎重に選ぶ必要があります。

証券会社は、野村証券などの総合証券とオンラインのネット証券があります。

ここではネット証券がオススメとなります。なぜかというと、手数料やサービス面で見てもネット証券の方が有利な面が多く、投資情報が溢れているこの時代で取引経験があるかどうかも分からない証券マンからのアドバイスにあまり価値があるとは思えません。もちろん、彼らは所属する会社の優良な投資レポートを持っているわけですが、やはり実際に取引している人にという考えがあります。

ジュニアNISAはもともと長期投資が目的ですから、ネット証券やTVや雑誌で得られる情報をみながら、これと思った企業に投資をしましょう。

参考:NISA口座を選ぶならNISA口座比較ランキング!

利用可能対象者

ジュニアNISAを利用する条件としては、日本国内の在住が条件となります。
海外留学などに行っていれば帰国後に開設可能となるかと思います。

ジュニアNISAの口座開設方法

口座開設は、証券会社のHPで普通口座を開設後にジュニアNISAを申し込みます。

【必要書類】
(1)ジュニアNISA申込書
(2)マイナンバー提供書(口座名義人本人)
(3)マイナンバー提供に係る本人確認書類等(口座名義人本人)
(4)本人確認書類(書類を提出する親権者様もしくは親権者代理人)

書類提出後は証券会社が税務署に申請します。税務署の確認には1~2週間かかるようです。

その後、取引開始となります。
口座の申し込みから取引までは、早くても2週間、長くて1ヶ月ほどは見込んでおいた方が良さそうです。

引き出し制限

ふつうのNISAと大きく違うところがこちらですよね。

ジュニアNISAの場合、名義人が18歳以上にならないNISAの意味である非課税ではなくなります。無理をして投資を行い利益を上げたものの、車を買う、家を買うなどの大きな資金が必要となった場合、せっかくの非課税が無効となってしまいます。

長期的な計画を立てたうえで、口座への入金を行いたいですね。

ジュニアNISAのまとめ

ジュニアNISAはまだ始まっていない制度ですが、証券会社が積極的にイベントを行っている影響もあり、非常に話題となっています。

大人になればお金の話をしない人の多いことから、まわりの誰が投資を行っているのか知らない人も多く、故に投資がなかなか広がらないのかもしれません。

しかし、子供はどうでしょうか。学校に行って○○の株を買ってるなどと話し始めれば、話題にもなります。子供同士で共通のゲームを持ちたいことと似ているように、一気に投資の話題が同世代に広がる可能性を秘めています。

そうなると、今まで投資をためらっていた大人の方も株式投資を始めることとなるのかもしれません。

ジュニアNISAの開始で今後数年間で日本の投資人口が圧倒的に増えていくのかもしれませんね!

ちなみに、管理人オススメのジュニアNISAに使用したい証券会社はSBI証券です。
詳しくは、下のリンクよりご覧ください。

NISAは2016年から120万円へ拡大!こども版NISAにも注目
NISA口座を選ぶならNISA口座比較ランキング!
NISA(ニーサ)特設ページ↓↓
nisa

top