株式市場の種類について

【著者】 児山 将

日本の株式市場は、4つの証券取引所で成っています。

東京証券取引所
1部・2部・マザーズ・ジャスダック・上場投信信託(ETF)・不動産投資信託(J-REIT

名古屋証券取引所
1部・2部・セントレックス

札幌証券取引所
上場株式市場・アンビシャス

福岡証券取引所
上場株式市場・不動産投資信託(J-REIT)・Q-Board

最も大規模で重要な取引所は東京証券取引所であり、日本株式市場と言えば東京証券取引所を指すと思ってください。他の3つの取引所は、「こういう取引所もあるんだ」くらいに考えておいて問題ありません。

東京証券取引所の詳細について

東京証券取引所には6つの部分に分かれています。

・1部
通称、東証1部、と呼ばれています。厳格な基準を満たした大企業だけが上場できる東証1部です。有名な企業のほとんどは東証1部に上場しています。

・2部
通称、東証2部、と呼ばれています。東証1部よりほんのちょっとトーンが下がる市場で、言い換えると中堅企業が上場する市場となります。

・マザーズ
主にベンチャー企業が上場する市場です。「大企業の卵」と言える企業が上場する市場で、ベンチャー企業のステップ的市場と言えます。

・ジャスダック(JASDAQ)
先に挙げたマザーズとほぼ同じ趣旨の市場で、ベンチャー向け、新興企業向けの市場です。IPOを経て初めて上場する企業の多くはジャスダックかマザーズへ上場します。

・上場投信信託(ETF
投資信託の一種です。一般の投資信託は非上場ですが、ETFは上場型投資信託で、株と同じように買うことができます。

・不動産投資信託(J-REIT)
投資信託の一種です。上のETFと同様、上場型投資信託になります。不動産関連の投資信託ですから、ETFよりも投資対象が限定的な投資信託と言えます。

市場規模は東証1部が一番大きいのですが、将来的に値上がりするかもしれない成長株が2部、ジャスダックやマザーズに埋もれています。各市場の銘柄を目的に沿ってリサーチしてみると良いでしょう。

top