LINEの仮条件が決定!時価総額は東電と同じ!?

【著者】 児山 将



7月15日(金)に上場するLINEの仮条件が仮条件を2,700-3,200円になると報じられました。
仮条件の上限3,200円で計算した時価総額は約6,700億円となり、東京電力ホールディングスや参天製薬と同じ規模になります。

国内外合わせての公募とオーバーアロットメントによる売り出しを含めた市場吸収額は最大で約1,290億円。(国内:418億円、NY:708億円)

海外比率が多いとはいえ、日本国内では2016年最大となります。

しかし、LINEと国内最大の電力会社が同じ規模というのは驚きです。
そこで、同水準の株を調べてみました。

コード 銘柄 株価 時価総額
9501 東京電力ホールディングス 419 6,733億
3659 ネクソン 1,541 6,722億
4536 参天製薬 1,609 6,664億
6724 セイコーエプソン 1,655 6,613億
5333 日本ガイシ 2,017 6,606億
2897 日清食品ホールディングス 5,570 6,642億
7752 リコー 878 6,540億
4204 積水化学工業 1,281 6,539億
5201 旭硝子 550 6,526億
9506 東北電力 1,297 6,522億
2212 山崎製パン 2,887 6,359億

あれ?そもそも東北電力も東京電力と同じ規模だったのですね。
大手製薬会社である参天製薬や、食品大手である日清食品や山崎パンが並びます。

LINEはIT企業としては世界展開する巨大企業ですが、ここまで大きいというのは驚きという人も多いのではないでしょうか。
ちなみに、東証マザーズの時価総額1位であり、売上高2000億とLINEより大きいミクシィの時価総額は約3,500億円。
こういうことを考えても、知名度意外にもLINEが上場する影響の大きさが分かりますね。

上場市場は明らかにされていませんが、ほぼ間違いなく東証一部でしょう。(上場規定に触れる気がしますが。)

そうなると、TOPIX買いが考えられますので、郵政3社の上場と同じパターンが想定されます。

地合いにもよると思いますが、1,2日目は上げて、3日目くらいに利食いというのが適当ではないでしょうか。

なにより、前日にNYで上場することから、あれこれ考えるよりもNY上場の値動きを見れば答えは出ることでしょう!

来たる7月15日(金)が楽しみですね!
LINE上場バナー小

top