NISAに適した金融商品

【著者】 児山 将

NISA(少額投資非課税制度)を活用して資産運用をするのであれば、どういった金融商品に投資するかが重要になってきます。
あなたの資産規模や状況を把握したうえで、どういった商品に投資するかを決めることが大切です。

私はNISAに適した金融商品は株式だと考えています。
なぜならば、NISAの最大のメリットは非課税です。より大きな値上がり益を得てそれが非課税になることにこしたことはありません。

なので、より大きな節税効果を見込める日本株、海外株式での運用がベストだと考えます。

しかし、NISA口座を持つ人の中にはNISAでしか運用しないという人もいることもまた事実です。そういった方が無理をしてリスクを取る必要もありません。

そこで、それぞれの資産運用の考え方をもとにどういいった金融商品に投資すれば良いかを振り分けてみました。
NISAの選択肢
ご覧のとおり、NISA口座を利用する人には5つのタイプとなりましたので、それぞれの金融商品に関して説明していきたいと思います。

投資信託に関しては、投資信託の取り扱いが2,500を越えるSBI証券Fサーチを利用し管理人がピックアップしています。

リスク低減型投資信託

初めて投資を行うのであれば、プロが運用する投資信託がオススメです。信託報酬を支払わなければならないものの、何も知らない状態で損をしてしまうよりもプロに任せて運用してもらう方が安心です。

「リターンは大きくなくてもいいのでリスクを抑えた投資がしたい」という人にオススメなのが、リスク低減型の投資信託です。
これは変動リスクの小さい国債をメインとしたポートフォリオを組む投資信託のことです。

投資信託の取り扱いが2,500を越えるSBI証券より管理人がピックアップした投資信託は以下のとおり。

ファンド名 商品分類 基準価格 分配金 リターン/1年 信託報酬
Nvestグローバルボンドオープン(Avest-B) 海外債券 9,742 年2回 0.80% 1.404%
円・世界優良国債券ファンド
(愛称:円セレクト)
海外債券 9,663 毎月 1.11% 0.81%
エス・ビー・日本債券ファンド(ベガ) 国内債券 8,998 年2回 1.18% 0.8856%
東京海上・国内債券ファンド 国内債券 12,118 年1回 1.41% 0.5832%
ピムコ世界債券戦略ファンド
(毎月決算型)Aコース(為替ヘッジ)
海外債券 9,696 毎月 2.34% 1.566%

(上記データは2015年7月21日時点)

資産形成型投資信託

資産形成型投資信託ってなにと思われますよね。
これは、短期的な値上がりを求めるわけではなく長期間にわたる資産形成を見越して投資する人向けに作られた投資信託だそうです。

低コストのインデックスファンド(指数連動型投信)や各商品、各国にバランスよく投資するバランス型の投資信託が有望な選択肢ではないでしょうか。

ファンド名 商品分類 基準価格 分配金 リターン/1年 信託報酬/年
クルーズコントロール バランス型 12,884 年2回 9.20% 1.512%
マイセレクション75 バランス型 15,247 年1回 21.40% 0.7452%
アセット・ナビゲーション・ファンド
(株式80)(愛称:Aナビ80)
バランス型 14,501 年1回 21.55% 0.8208%
東京海上・未来設計ファンド5 バランス型 15,387 年1回 28.22% 2.0196%
三菱UFJ MV80 バランス型 15,339 年1回 23.96% 2.0628%

(上記データは2015年7月21日時点)

安定運用の型投資信託

安定運用ですから、乱高下が少なく右肩上がりに上昇する資産グラフが理想となります。
ですので、騰落率(値動きの激しさ)が低く相対的にリターンが高い投資信託がこれに当たります。

直近3ヶ月騰落率が低く、過去5年間の相対的にリターンが高い投資信託をピックアップしました。

ファンド名 商品分類 基準価格 分配金 リターン/1年 信託報酬/年
フィデリティ・USリート・ファンドA
(為替ヘッジあり)
海外REIT 10,334 毎月 2.02% 1.512%
米国REITインカムファンドB
(為替ヘッジなし)(バイリンガル)
海外REIT 9,661 毎月 23.82% 1.89%
ニッセイ/AEW・米国リートオープン
Bコース(為替ヘッジなし)
海外REIT 9,211 毎月 24.89% 1.7604%
フィデリティ・USリート・ファンドB
(為替ヘッジなし)
海外REIT 6,167 毎月 24.09% 1.512%
ノムラ日米REITファンド
(毎月分配型)
海外REIT 8,633 毎月 24.44% 1.62%

(上記データは2015年7月21日時点、並び順は3ヶ月騰落率が低い順)

分配金受取型投資信託

投資信託には分配金というものがあり、受け取れるとコツコツでも資産が増えている実感が持て嬉しいですよね。分配回数には、毎月受取型から隔月、四半期分配、年2回、年1回と多くの種類があります。

ここでは、毎月分配型の投資信託>販売手数料と信託報酬が安いものに絞り込み、パフォーマンスの高い順に5つピックアップしました!

ファンド名 商品分類 基準価格 分配金 リターン/1年 信託報酬/年
J-REITオープン
(米ドルコース)
国内REIT 14,245 毎月 41.89% 1.177%
GS日本株・プラス
(通貨分散コース)
国内株式 7,615 毎月 36.24% 1.620%
DIAM割安日本株ファンド 国内株式 16,121 毎月 28.55% 1.242%
アジア・ウェイブ アジア債券
ファンド(中国元コース)
新興国債券 13,240 毎月 26.81% 1.5672%
世界優良株ファンド(毎月決算型)
(愛称:プライムコレクション)
海外株式 11,264 毎月 25.78% 1.5984%

(上記データは2015年7月21日時点)

値上がり益追求型投資信託

これは自分では取引しないけど、リスクを取って新興国やベンチャー企業の株式に投資し値上がり益追求していく投資信託ということになります。

スクリーニングは、全投資信託のなかからとにかくパフォーマンスの高いトップ5です!

ファンド名 商品分類 基準価格 分配金 リターン/1年 信託報酬/年
SBI日本株トリプル・ブルベアオープン
(SBI 日本株トリプル・ブル)
国内株式 69,944 年1回 120.78% 1.0044%
YOURMIRAI
日本株マキシマム・ブル
国内株式 18,743 年1回 97.03% 0.961%
日本トレンド・セレクト
<ハイパー・ウェイブ>
国内株式 3,785 年1回 75.76% 0.9936%
新光Wブル・日本株オープンIII 国内株式 30,135 年1回 74.38% 0.9180%
ダイワJPX日経400ファンド
(米ドル投資型)
国内株式 15,283 年1回 55.35% 0.7074%

(上記データは2015年7月21日時点)

ETFとJ-REIT

Comming soon!!

株式投資による積極的な資産運用

やはり個別銘柄の爆発力は投資信託と比較すると目を見張るものがあります。

以下に2015年6月の始値から終値で上昇した銘柄をランキングしました。一番すごかったのは、リーバイ・ストラウス ジャパン(9836)で、5月末の182円から5日連続ストップ高を交えながらの最高値1,052円まで5.7倍の上昇!

短期間でこれほどまでに上昇した銘柄は自分の記憶にはありません。

コード 銘柄 始値 終値 上昇幅 月間上昇率
4572 カルナバイオサイエンス 1253 3,320 2,067 161.62%
4678 秀英予備校 335 856 521 153.25%
4736 日本ラッド 405 1,004 599 151.00%
9836 リーバイ・ストラウス ジャパン 232 453 221 148.90%
2342 トランスジェニック 474 1,163 689 143.82%

(上記データは2015年6月1日~6月30日の期間)

NISAで投資をするのにベストな証券会社は?
NISA(ニーサ)特設ページ↓↓
nisa

top