証券会社への口座開設方法

私の友人に投資を進めると、株価の下落以外に証券会社に口座を開くのがとても不安という人が多いようです。

ネット証券であれば、営業マンから電話が掛かってくることもありませんので、営業電話に悩まされることもありません。

今回は、個人投資家から支持されているSBI証券の口座開設の入力フォームを順を追って説明したいと思います。

参考:ネット証券の口座開設方法

SBI証券の口座開設の例

では、SBI証券の公式ページへと進んでみましょう!
SBI証券公式ページ

すると、以下のようなページが出ます。
SBI証券申し込み

画像の赤枠内の『口座開設はこちら』へ進みましょう。

口座開設申込フォーム

口座開設の入力フォームが開きますので、進めていきましょう。

まずは、本人確認の提出書類です。
・WEBアップロード・書面・Eメール がありますが、印刷代金が掛からない「WEBアップロード」がオススメです。
携帯電話などで写真を撮り、パソコンに取り込みましょう。

SBI証券入力1

続いて、名前や連絡先を入力するのですが、この項目で特定口座という言葉があります。これに戸惑う方も多いのではないでしょうか。

SBI証券申し込み3

特定口座とは、株式取引で得た利益を確定申告する際に証券会社が代行してくれる口座のことです。
(参考:特定口座とは)

初心者の方は、特定口座の「源泉あり」を選択することをおすすめします。

最後は、住信SBIネット銀行の口座開設申込(銀行代理業)です。
これは、SBI証券オリジナルサービスですので、他の証券会社の入力フォームにはありません。

SBI証券申し込み4

この銀行口座では、SBIグループが提供するサービスの手数料がお得になったり、SBIカードやアマゾンなどの豊富な決済提携先との取引が可能です。

該当するサービスがあれば、この機会に開設しておくと良いでしょう。

契約所の確認

続いて、『包括告知・各種規程等』です。
これは、いわゆる契約内容の読み合わせです。

証券口座の契約内容や同時開設したNISAやネット銀行などの諸々の書類がありますので、動意ボタンにチェックを入れましょう。

すでに口座開設をしている管理人は、この画面にいけませんでしたので、画面キャプチャはありません。

同意が終わりましたら、入力内容を確認して口座開設の申し込みを終えましょう。

SBI証券の場合は、口座開設完了画面に『ユーザーネームとログインパスワード』が表示されます。

初回ログインの際には、通学先・勤務先情報などを入力しますので10分ほど時間が掛かります。
「インサイダー登録画面」は聞き慣れないとビックリするかもしれませんが、証券会社へ口座開設を行う際には必要となります。慌てずにご自身の情報を入力しましょう。

金融機関は、一番利用している口座が好ましいですが、アプリやネットでの操作が便利な口座があればそちらの方が便利かもしれません。

その後は、手数料コースと投資スタンス等を入力するとようやく完成です。

かなり長いので、入力と閲覧にはちょっと大変ですが、これでリアルタイムな株価情報や四季報、ニュース等の閲覧が可能になります。
また、信用取引口座の開設の申し込みもできます。

取引ができるようになるまで、ニュースやレポート等を見ながら気になる銘柄を探しましょう。

口座開設完了通知書県パスワード通知書の受け取り

口座開設の申し込みから2,3営業日が過ぎると、口座開設が完了し取引ができる環境となります。

証券会社から関連書類(口座開設完了通知書県パスワード通知書)が送られてきますので、確認しましょう。

これは非常に重要な書類ですので、紛失しない様に注意しましょう。
取引に必要な以下のデータが揃っています。

・ユーザーネーム 
・ログインパスワード 
・取引暗証番号

メールかWEBアップロードで、本人確認書類をお送りした方は、これらの情報を入力し、口座に入金を行うことで取引が可能となります。

この書類には、包括告知書等(印鑑届出書)が同封されています。最後に、これに記入・捺印の証券会社に郵送しましょう。
本人確認書類を書面とした方は、ここで一緒にお送りしましょう。

その後、証券会社から「取引暗証」が記載された書類が送られてきますので、ようやく取引が完了となります。

SBI証券書類

この手間を考えると、本人確認書類はオンラインで行った方が便利ですね!

以下には、証券会社選びから取引までの手順を説明していますので、合わせてご覧ください。

ネット証券の口座開設方法

・ネット証券から個人投資家支持率No.1のSBI証券
SBI証券

top