マネックス証券

米国株といえばマネックス証券

■マネックス証券の公式サイト

マネックスsec

マネックス証券 基本情報
現物手数料 10万円 108円
30万円 270円
50万円 486円
取扱商品 投資信託 808本
ノーロード 250本
外国株 米・中2ヵ国
スマホ・iPad対応
配信ニュース会社 5社
NISAランキング 3位
キャンペーン 最大30,000円

口座開設はコチラ

マネックス証券といえば、元ゴールドマンサックスの松本大氏という証券業界の大物が代表を務める証券会社。
そんなマネックス証券は豊富なトレードツールが魅力で、マネックスシグナルは要注目です。

手数料

手数料は「取引毎」と「1日定額」の2種類があり、「取引毎」手数料では、10万円以下の取引だと100円と業界最安値水準です。
そして、日計り取引(デイトレード)の片道分の手数料がマネックスポイントとして翌日に帰ってくるというサービスがあります。

また、「一日定額手数料コース」では、300万円まで1日何回取引しても一律2,500円とコチラも最安値水準です。信用取引も手数料が同じと分かり易さも良いですね!

現物取引手数料
10万円 ¥108 50万円 ¥486 300万円 ¥3,240
20万円 ¥194 100万円 ¥1,080 500万円 ¥5,400
30万円 ¥270 200万円 ¥2,160 1,000万円 ¥10,800
信用取引手数料
10万円 ¥108 50万円 ¥486 300万円 ¥3,240
20万円 ¥194 100万円 ¥1,080 500万円 ¥5,400
30万円 ¥270 200万円 ¥2,160 1,000万円 ¥10,800

マネックスポイント

マネックスポイントとは、取引に応じてポイントが自動的に貯まり、手数料が安くなったり、人気のポイントサービスと交換したり、様々な特典と交換することができるマネックス独自のポイントサービスです。

マネックスポイント

取引ツール

証券会社でトレードをしていた松本社長率いるマネックス証券の取引ツールは、プロトレーダーに迫る投資環境を誇る「マネックストレーダー」を提供してくれます。
マーケットやニュースをチェックしつつ素早く売買注文ができる使い勝手の良さはもちろん、ダブルクリック注文、ロケット注文、バスケット注文などの多彩な注文方法にも対応。
さらに、画面の並び替え等の好みに合わせて自由にレイアウトを変更できるカスタマイズ性はもちろん、銘柄を複数のフォルダに分けて管理できます。

「プログラムトレード」を搭載されていることにより、自動売買も可能となっていますし、もちろんバックテスト機能も搭載。

長期のチャートはなんと約30年分もあり、NISAを使った長期運用を見越した取引には便利です。
テクニカル指標は、玄人には嬉しい超高度なテクニカル分析が可能で、もちろんパラメータの変更もできます。

複数銘柄の情報を一度に閲覧できるマルチビューアでは、銘柄フォルダに登録した銘柄のチャートや気配値を一度に閲覧することができ、自身の得意銘柄の値動きを追うことが便利です。

もちろん、スマホアプリでの取引も便利で、残高照会や各種指標やランキング、銘柄登録機能、ニュースなどの投資情報など株式取引がスマホのみで完結する高機能トレードアプリとなっています。

情報力

マネックス証券は多くの投資情報を全て無料で提供しています。
チーフストラテジストである広木隆氏のレポートは深い投資情報かつ分かり易く、レポートにプライベートな出来事なども書かれており、専門用語に苦戦しやすい初心者でもつい読んでしまうものとなっています。
朝夕のマーケットメールは、忙がしい人でも投資のポイントを得るのにピッタリです。
珍しいのは、世界的大手であるJ.P.モルガンの機関投資家向けレポートを読むことができるメリットは玄人には嬉しいところ。

その他、米国市場からの視点のレポートである「バロンズの拾い読み」や日本株との連動性が高い、米国、中国市場のレポートもあり、国内外の情報収集にはもってこいです。

マネックス証券の口コミ・評判

2015年のオリコンの調査によると、マネックス証券は総合顧客満足度は70.53点となっています。

参照:マネックス証券 ネット証券の比較・評判 
http://life.oricon.co.jp/rank_certificate/company/monex/

部門ごとでは、
「サイトの分かり易さ」と重要な「情報・分析ツール」部門で1位となっており、「サポート体制」が3位となっています。
口コミでは、「所属アナリストの質が高い」、「毎日メールで送られてくる相場概況・レポートは非常に役立つ」、「システムの安定性が極めて良く、一度もトラブルはない。取引ツールも極めて使いやすく分かり易い」という投資情報力とツールに関する好評判があるなか、「他社と比べて手数料が安い」という口コミが多くみられました。

一方、価格.COMの人気ランキングは2位となっており、こちらでも人気の高さが伺えます。

参考:価格.COM マネー マネックス証券
http://kakaku.com/stock/stock_companydetail.asp?companycd=1005

総括をすると、マネックス証券は手数料が比較的安く、取引ツールと情報力に優れ、顧客サポートも充実しているようです。
そして、マネックス証券の社長である松本社長が米国株への投資を進めていることから、米国株の質の高いレポートや取扱い商品の豊富さが嬉しいところです!

運営会社情報

会社名称 マネックス証券株式会社
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目4番地1
電話番号 0120-430-283(口座開設、資料請求問い合わせ)
上場企業名 マネックスグループ(東証1部・8698)
登録番号 関東財務局長(金商)第165号
設立 1999年(平成11年)4月
自己資本規制比率 389.1%(2014年12月末)
HP http://www.monex.co.jp/

証券会社選びのポイント、投資家が気にするポイントは?

取引手数料
取引手数料ランキングNo.1の証券会社は?
情報量
情報量ランキングNo.1の証券会社は?
取引ツール
取引ツールランキングNo.1の証券会社は?
スマホ
スマホアプリランキングNo.1の証券会社は?
IPO
IPOランキングNo.1の証券会社は?
取扱商品
取扱商品ランキングNo.1の証券会社は?
NISA
NISAランキングNo.1の証券会社は?
人気&おすすめ
人気ランキングNo.1の証券会社は?

【総合】ネット証券比較ランキング

top