岡三オンライン証券

■岡三オンライン証券の公式サイト

岡三オンライン証券HP

岡三オンライン証券 基本情報
現物手数料 10万円 106円
30万円 378円
50万円 378円
取扱商品 投資信託 138本
ノーロード 28本
外国株 9ヶ国
スマホ・iPad対応
配信ニュース会社 2社
NISAランキング 7位
キャンペーン

詳しくはコチラ

情報力と取引ツールが魅力

管理人が投資を始めたのは、2009年ですが、実は一番最初に口座開設をしたのが岡三オンライン証券でした。
理由は、当時から手数料が安くて、取引画面がかっこ良かったからです!

上の岡三オンライン証券の公式ページの画像にあるように、岡三オンライン証券といえば情報力と取引ツールが特に優れたネット証券会社です。
岡三オンライン証券3Point

取引手数料

手数料もネット証券の平均より安いくらいで、信用取引の値段だと50万円以下で540円、100万円以下で756円、300万円以下で1,404円とGMOクリック証券に次ぐ安さとなっています。

現物取引手数料
10万円 ¥106 50万円 ¥378 300万円 ¥1,620
20万円 ¥216 100万円 ¥648 500万円 ¥2,268
30万円 ¥378 200万円 ¥1,620 1,000万円 ¥3,240
信用取引手数料
10万円 ¥106 50万円 ¥324 300万円 ¥1,080
20万円 ¥162 100万円 ¥540 500万円 ¥1,296
30万円 ¥324 200万円 ¥1,080 1,000万円 ¥1,296

岡三オンライン証券の取引ツール

それでは、岡三オンライン証券の取引ツールと情報力(ニュース)について見ていきましょう!
岡三オンライン証券にはWBEB版とインストール版の取引ツールが用意されています。

岡三ネットトレーダーシリーズは、株の助さんなどの有名な専業投資家に愛用される優れた取引ツールなので、これを使わない手はありません。みんなの株式やオリコンなどの数々のメディアにも評価されており、日本一の株のトレーディングツールと言っても過言ではないかもしれません。

岡三ネットトレーダーWEB

岡三オンライン証券の基本的な専用ツールでインストールする必要が無く、Webブラウザから簡単に利用できる、スタンダードな取引ツールです。

シンプルな操作で注文ができ、投資スタイルに合わせてページをカスタマイズ可能です。
基本ツールですが、スピード注文機能(板発注)や企業分析ナビが搭載されているのも岡三オンライン証券の取引ツールに力を入れていることが分かります。
株式取引初心者の方は、トレーディングツールの操作に慣れるまでこちらを使ってみてはいかがでしょうか。

岡三ネットトレーダーWEB3.png

岡三ネットトレーダーシリーズ

岡三オンライン証券の主軸となる取引ツールが岡三ネットトレーダーシリーズです。
岡三ネットトレーダープレミアム 利用料:980円(税込)/35日 (1月の手数料実績が980円で無料)
 発注から分析までワンストップで可能な最高峰ツールで、バックテストが使用できたり、銘柄アラートがあったりと岡三ネットトレーダーより一段深い分析やハイスペックな機能が搭載されています。

岡三ネットトレーダープレミアム

岡三ネットトレーダー 利用料:480円(税込)/35日 (手数料実績が480円で無料)
  ネットトレーダーシリーズのスタンダード版です。
  分析機能がプレミアムより少なめ。

岡三ネットトレーダーライト
  日本株の発注機能に特化したネットトレーダーのライト版です。主な機能は下の3点

スピードショット(板発注) 
 シンプルな操作ですばやく注文でき、クライアント型特殊注文にも対応しています。

予約注文(バスケット注文)
 単価・株数等条件を事前に入力し、注文ボタンひとつで発注できる機能で、複数の注文をまとめて行うことも可能です。

株価ボード
 保有ポジション銘柄や登録した注目銘柄の株価等を閲覧できます。
「岡三ネットトレーダープレミアム」など、「岡三ネットトレーダー」シリーズの他の取引ツール間で、複数のサービスを違和感なく統合して利用できるシームレスなデータ連携により、銘柄登録作業が大幅に軽減できます。

ライト3

投資情報

岡三オンライン証券では、短期トレードや長期投資などに向けた、各種の投資情報やレポートが豊富に用意されています。そして、口座を開設をしている投資家さんは全て無料で利用できるのです。

日々の株と為替の概況と今後のイベントなどについては、ブログ形式の岡三オンライントレーダーズでファンダメンタルズを日々学べます。(1日2回ほど更新)また、週刊レポートでは、日経平均の見通しを岡三オンライン証券オリジナル 週間ストラテジーのレポートでチーフストラテジストの伊藤嘉洋氏が開設しています。

配信ニュースベンダーは、ロイター通信時事通信の2社のみなのですが、岡三証券のレポートやレーティング情報が揃っていることが岡三オンライン証券の情報力の強いところです。

■投資情報一覧
NY TODAY (平日毎朝更新)
岡三レーティング情報(随時)
・月次情報(随時)
岡三GLOBAL REPORT (随時)
岡三証券スポット情報(随時)
岡三グローバルウィークリー(毎週金曜日夜更新)
・総合投資戦略月間見通し (毎月初更新)

岡三レーティング情報

個人的に非常にオススメなのがレーティング情報です。こちらは、親会社である岡三証券の情報となっています。
日本株式の個別銘柄を、岡三証券の企業調査部のアナリストが「強気」「中立」「弱気」の3段階で株価を格付けしています。さらには、目標株価、業績予想および企業動向などもレポートされているのですが、シンプルで初心者の人にも分かり易いのがポイントです。
有望銘柄を見つけた際は、このレーティング情報で強気となっているかどうかが投資の後押しをしてくれます。

岡三グローバルウィークリー

名前の通り、1週間のグローバル投資のポイントについて、岡三証券の投資戦略部がレポートしたものになります。
世界市場の動向と見通しから、そこから見た日本株の銘柄戦略に加え、注目銘柄も掲載します。翌週の銘柄物色の為に役に立つレポートです。

月次情報(随時)

セクター別の情報を確認したい人には、月次情報です。
自動車販売、工作機械、半導体、衣料品などさまざまな業態の月次情報について、岡三証券の企業調査部のレポートが読めます。各業態の企業の概況が直ぐに分かるので、中期的な投資の銘柄選びの役に立ちます。

岡三オンライン証券の口コミ・評判

岡三オンライン証券は株の総合SNSサイトであるみんなの株式の取引ツールランキングで1位となっていました!

岡三オンライン証券みんかぶ

オリコンでの評価は69.14点でした。(1位のGMOクリック証券は73.60点)
また、価格.COMのランキングでは6位となっており、同じく取引ツールが魅力のカブドットコム証券よりも上にきております。
口コミでは、「やはり取引ツールが魅力で使い易い」というものや、「手数料が安い」というものが目立ちましたが、「セミナーが充実している」と情報力の高さを評価する声も多くありました。

参考:オリコン 岡三オンライン証券 ネット証券の比較・評判
http://life.oricon.co.jp/rank_certificate/company/okasan-online/

価格.COM 証券会社(ネット証券)比較
http://kakaku.com/stock/stock_companydetail.asp?companycd=1028

運営会社情報

会社名称 岡三オンライン証券株式会社
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座三丁目9番7号
電話番号 0120-503-239(コールセンター|平日8:00~17:00)
上場企業名 株式会社岡三証券グループ(証券コード:8609)
登録番号 関東財務局長(金商)第52号
設立 2006年1月23日
自己資本規制比率 218.1% (2014年12月末)
HP http://www.okasan-online.co.jp/

証券会社選びのポイント、投資家が気にするポイントは?

取引手数料
取引手数料ランキングNo.1の証券会社は?
情報量
情報量ランキングNo.1の証券会社は?
取引ツール
取引ツールランキングNo.1の証券会社は?
スマホ
スマホアプリランキングNo.1の証券会社は?
IPO
IPOランキングNo.1の証券会社は?
取扱商品
取扱商品ランキングNo.1の証券会社は?
NISA
NISAランキングNo.1の証券会社は?
人気&おすすめ
人気ランキングNo.1の証券会社は?

【総合】ネット証券比較ランキング

 

top