フィル・カンパニーが11月28日に上場 IPOを狙え!

【著者】 児山 将

「空中店舗フィル・パーク」という新しい土地活用方法を提案し成長しているフィル・カンパニー。
顧客は全国の駐車場オーナーということで、創業11年目で上場を迎えた同社は今後もまだまだ成長性が期待できます。

上場日程は10月28日(金)となっており、ブックビルディングは11月1日から。

推定時価総額は30億円程度と小型案件となります。
ここでは JRフィルカンパニーのIPO株を手に入れる確率を上げる方法や おすすめの証券会社情報を掲載します。

IPOに向けて注目ポイントを確認しておきましょう!

テンバガーも夢じゃない!?オリジナルの事業

■フィル・カンパニーとは?
駐車場の土地にビルを建てることで、テナント収入を得ることをオーナーに提案するフィル・パーク事業を展開する企業。

フィルカンパニーHP
(企業のHPより)

フィル・パークとは?

都市部を中心に増え続けている駐車場の空中部分を活用することで【駐車場】と【人】と【植物】が共生できる空間を創り出す事業。

高額な駐車場収入を最大限に生かしながら商業ビルやオフィスビルなどを建てることでテナント料も得られるように、同社が建物の設計・テナント誘致・コンサルタントを担当。
デザイン性の高い建物を設計し、テナント賃貸需要に基づく空間づくりをすることで、駐車場オーナーの投資効果の最大化を狙います。

サイトを見るとお洒落な物件が多いのが分かりますね。
フィルカンパニー建物

競合が少ないオリジナリティのある事業であることに加え、全国の駐車場が顧客になる市場規模の大きさを考えれば、今後に非常に期待が持てると考えられます。

フィルカンパニー説明

フィル・カンパニーの業績

26年度 27年度 増減 前年度比
売上高 477,032 1,493,082 1,016,050 312.99%
経常利益 6,797 154,235 147,438 2269.16%
純利益 34,878 140,142 105,264 401.81%
純資産額 86,691 226,833 140,142 261.66%
1株当たり純資産 40.53 106.05 65.52 261.66%
1株当たり純利益 16.31 65.52 49.21 401.72%
自己資本比率 15.00% 89.40% 74.40%

フィルカンパニーの売上推移

2015年11月期の経常利益は前期比2269%増の15億4千万円となり、過去最高益となっています。

今後の展望

昨年、一気に業績拡大に成功したことから、上場で得た資金で人材採用・広告宣伝に有効活用し、成長速度を維持できるかどうかが注目です。

直近の小型IPOは好調続き。そんななか、将来性・成長性を備え、想定価格に対してのPER20.2倍という割安銘柄はとても有望に映るでしょう。セカンダリーとしての注目度も高いと思われます。

IPO情報

単元株数 100株
公募株数 200000株
売出株数 145000株
想定価格 1,210円
仮条件決定日 10月28日
ブックビルディングの期間 11月1日(火)〜11月8日(火)
売出価格決定日 11月9日(金)
申込期間 11月11日(金)〜11月16日(水)
上場日 11月18日(木)
主幹事証券 SBI証券

直近の好調IPO状況

IPOは相変わらず絶好調なので、当選で負ける可能性は皆無だと考えます。

■チェンジ(3962)の日足チャート
チェンジ日足チャート

銘柄 チェンジ(3962)
上場日 2016年9月27日
公募価格 1,200円
初値 2,999円
初値上昇幅・上昇率 1,799円(149.9%)

主要株価が軟調ななか、9月、10月もIPOは絶好調。特に上に挙げたチェンジは公募価格から高値までの上昇率が6倍に達するなど目を見張るものがあります。

9月以降、公募価格から2倍に上昇した銘柄が7銘柄(上場13銘柄)と稀に見る絶好調なIPOのなか、同社がこれらの銘柄の記録を越えられるかどうかにも注目が集まります。

企業情報

会社名 株式会社フィル・カンパニー
本社所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-10-4 フィル・パーク永田町
設立年月日 2005年6月3日
資本金 9,930万円
代表取締役社長 能美 裕一
公式サイト http://philcompany.jp/

主幹事はSBI証券

フィル・カンパニーのIPOの主幹事はネット証券最大手のSBI証券が務めます。

IPO株の80~85%はSBI証券にあると考えられますので、ここは素直にSBI証券で狙いにいきましょう。

例え外れてしまっても、IPOチャレンジポイントが貯まりますので、次に繋がりますね!

・日本で最大数のIPO取り扱いを誇るのはSBI証券↓↓

おすすめのネット証券

SBI証券フッター


【あわせて読みたい】
ネット証券IPO比較ランキング
IPO投資で当選確率を上げる方法

top