REIT

【著者】 児山 将

ネット上で頻繁に見かけるREITという言葉。
投資商品の種類の1つなのですが、どんな投資商品なのかでしょうか。

REITとは

REITはリートと読みますが、[Real Estate Investment Trust]の頭文字を重ねた単語です。
簡単に言うと投資信託の一種ですが、主な投資対象は不動産です。不動産投資信託、不動産投信ということもあります。

REITは世界中にあり、日本でREITが始まったのは2001年、比較的最近のことです。2008年にはリーマンショックをきっかけとした世界金融危機が発生したため、とりわけ日本での不動産投資は利益率が悪く人気がありませんでした。

しかし、アベノミクスを基に景気回復傾向にあるため、現在REITの人気は急上昇。以前よりも多くの個人投資家がREITを手掛けています。

ちなみに、日本発のREITをJ-REIT(ジェイ・リート)と言います。文字通り、Japan(日本の)REIT(リート)という意味です。ですから、厳密に言えばREITは世界中の不動産投資信託を指すのですが、日本人のほとんどはJ-REITを手掛けていますので、ネット上でREITと言えばJ-REITを指していることがほとんどです。

J-REITはどのように買えるのか?

J-REITはどのように買うことができるのでしょうか? 

J-REITは基本的に取引所に上場している投資信託ですので、ネット証券口座を保有している人なら誰でも買うことができます。株取引と同じように売買できるので、利便性の高い投資信託商品と言えます。

売買は1口単位で購入できます。株取引で言う「1株」と同じことだと思ってください。1口10,000円ならば10,000円~購入できるということです。

J-REITを買うと、実際に運用するのは運用会社です。J-REITを取扱う不動産投資法人は法律上運用はできず、分別運用となります。
このJ-REITの仕組みは、投資法人が投資家から預かった投資資金を悪用することを防ぐことになり、投資家が安心して投資できるシステムだと言えます。

top