ROA(純資産利益率)とは

【著者】 児山 将

ROAとは純資産利益率のことで、会社の資産がどれだけ利益を生み出しているかを示す指標です。
また、会社の効率性を収益性を示す指標でもあります。
英語では、Return On Assets(リターン オン アセット)といいます。

日本の企業では、ROAが5%を越えていれば優秀とされています。

アメリカではROEと併用し、企業の収益性を判断する指標として用いられているようです。

ROAの計算式

ROAの計算式は以下の通りです。

ROA(純資産利益率) = (営業利益 ÷ 純資産) × 100
ROA(純資産利益率) = (経常利益 ÷ 純資産) × 100
ROA(純資産利益率) = (当期純利益 ÷ 純資産) × 100

ROA

ROAの計算式

参考までに2015年3月24日の時点でROAの高い企業を並べておきます。

順位 コード 市場 名称 株価 ROA
1 9664 名証2部 御園座 264 58.59
2 5408 東証1部 中山製鋼所 92 56.69
3 2706 東証JQS ブロッコリー 641 53.17
4 6037 マザーズ ファーストロジック 2,644 48.99
5 6335 東証1部 東京機械製作所 79 47.54
6 3765 東証JQS ガンホー・オンライン・エンターテイメント 420 43.31
7 3668 東証1部 コロプラ 2,740 42.17
8 8925 東証2部 アルデプロ 140 40.16
9 3906 マザーズ ALBERT 3,810 36.54
10 4344 東証1部 ソースネクスト 787 32.26
11 2138 東証JQS クルーズ 2,490 32.16
12 2371 東証1部 カカクコム 2,083 31.41
13 3679 マザーズ じげん 684 30.7
14 6072 マザーズ 地盤ネットホールディングス 550 30.03
15 3440 福岡Q 日創プロニティ 722 27.68

ROAが58.59という尋常でなく高い値を記録している御園座(9664)とは、名古屋の老舗劇場を運営する会社で、賃貸経営や老人ホームの運営も行っています。
2013年3月に劇場ビル閉館となり、事業再生ADRを活用し、建て替えによる経営再建中です。

売買代金が79万8千円という極めて流動性のない銘柄ですので、取引には向いていないと思われます。

>>ROE(株主資本利益率)とは
>>PER(株価収益率)とは
>>PBR(株価純資産倍率)とは

top