ROE(株主資本利益率)

【著者】 児山 将

ROEとは日本語で株主資本利益率といい、企業の収益性を測る指標です。
株主資本(自己資本)が、企業の利益(収益)にどれだけつながったのかを示します。

1株当たりの利益(EPS)を、1株当たりの純資産で割った数値を100倍すればROEの数値となります。

ROEの計算式

ROE(株主資本利益率)=1株あたりの利益(EPS)÷1株あたりの株主資本(BPS)
------------------------------------
1株あたりの利益(EPS)  = 当期純利益  ÷ 発行済み株式数
1株あたりの株主資本(BPS)= 株主資本   ÷ 発行済み株式数

つまりROEが高いほど株主資本を効率よく使い、利益を上げている企業だということが分かります。
逆にいうと、ROEが低い企業は、資金を効率よく使えていないということですので、経営に問題があるということですね。

ROEは自己資金の効率性を計る良い指標なのです。
一般的には、ROEが10%以上の高い企業は資金効率がかなり高いとされています。

ちなみに、ROEにPERをかけるとPBRの値が出ますので、覚えておいても良いですね。

ROE(株主資本利益率) × PER(株価収益率) = PBR(株価純資産倍率)

ROE

ROEを見るうえでの注意点

上では、ROEが高い企業を選ぶと良いと書きましたが、一概にそうとは限りません。
借入を行った場合、当然自己資金比率は低下しますが、この状態で利益を出すと、ROEが急激に上昇することがあるのです。
そういった数字のマジックに引っかからない為にも、ROEは自己資本比率と共にチェックすることがおすすめです。

また、上の計算式にあるように PBRはROEとPERを掛けたもので算出されます。
つまり、PBRが低い企業は、ROEやPERも低い可能性が高いのです。

PBRが低いと「割安でお買い得な企業」だと判断されがちなのですが、自己資本による企業の収益性(ROE)も低くなっていることがあります。
中長期の投資をする銘柄には、こういった一歩踏み込んだ分析を行うことで、より値下がりリスクを減らすことができますので、是非確認するようにしましょう!

>>PER(株価収益率)とは
>>PBR(株価純資産倍率)とは

順位 前週比 コード 銘柄 株価
1 6502 東芝 410.5
2 6753 シャープ 176
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 250.6
4 NEW 4502 武田薬品工業 6,011
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 902.1
6 NEW 7751 キヤノン 4,254.00
7 NEW 4777 ガーラ 2,323
8 NEW 9501 東京電力 635
9 8410 セブン銀行 585
10 NEW 8113 ユニ・チャーム 2,737.00

top