特定口座とは

【著者】 児山 将

証券口座には、確定申告に関する手続きを全て自分で行う一般口座と、特定口座に分かれます。
特定口座とは、株式取引で得た利益を確定申告する際に便利な証券口座のことをいい、証券会社が年間の損益計算を行ってくれるのです。
また、特定口座には、「源泉あり」「源泉なし」があります。
「源泉あり」にすると、証券会社に源泉徴収してもらうかたちですので、一切面倒な事はありません。
こうすれば、株で利益が出る度に、その利益の20%が源泉徴収され、損失が出ると、それまでに支払った源泉徴収分から、損失の20%分が返還されるようになるのです。
ですから、管理人は証券口座を選ぶ際には、「特定口座の源泉あり」を選ぶことをおすすめします。

「特定口座」の源泉なしを選ぶと、自身で確定申告を行うことになります。自営業をやられている方は、こちらを選ばれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、特定口座は、個人口座についての制度ですので、法人口座に特定口座はありません。

特定口座

特定口座のメリット

「特定口座」(源泉あり)で確定申告が不要
「特定口座」で(源泉あり)を選択すると、確定申告を行わなくても、株式取引で得た利益(譲渡益)に対する税金(所得税・住民税)の納税を証券会社が代わりに行ってくれます。

証券会社が年間取引を計算
特定口座で取引をすれば、年間の取引明細などを記載した「特定口座年間取引報告書」が送られます。この報告書を利用すれば、自身で面倒な計算をする必要がありません。よって、確定申告が非常に簡単に行えるのです。

相続や贈与の手続きがスムーズに
相続・贈与により取得した株式も特定口座に入れることができます。将来的に特定口座で保有している株式やETFの相続や贈与が行われた場合も、取得価格の引き継ぎなどが自動的に管理されますので、もしもの場合はとても便利ですね。

特定口座の仕組み

特定口座の厳選徴収ありと無しで比較すると以下の表のようになります。

源泉徴収あり 源泉徴収なし
特徴 証券会社が売買損益を計算し、年間取引報告書を作成   原則確定申告は不要 証券会社が売買損益を計算し、年間取引報告書を作成
源泉徴収 税率20.315%(所得税15.315%、住民税5%)が源泉徴収 源泉徴収はなし
確定申告 不要 必要

自営業をされている方や専業の投資家さん、多くの証券口座で売買されている方は源泉徴収なしの方が経費の差引などができますので税金面で有利ですね。
また、投資金額が少なくて、年間20万円以上の利益が見込めないと考えている方も、源泉徴収なしで良いかと思います。(ちょっと悲しいですが。)

株価も好調ですし、どうせなら何百万、何千万と稼いで納税し、企業に投資し、国にも資金を回して景気回復に貢献したいですね。

ネット証券会社総合比較ランキング!

top