株式分割

【著者】 児山 将

株式用語の一つ、株式分割とは何でしょうか? 株式分割はなぜ行われるのでしょうか? 株式分割について見ていきます。

株式分割とは

株式分割とは、文字通り株式を分割すること、1株を複数単位の株式に分けることを意味します。

たとえば、10万円の株を1株持っているとしましょう。その株を1:10の割合で分割するとします。要は、1株を10株に分けることですから、保有株が1株10万円⇒10株10万円(1株1万円×10株)に変更となります。

これが株式分割の概要となります。自分が保有する株が分割になるといって、何か大きな損失を被るわけではありません。

なぜ株式分割を行なうのか

多くの上場企業が株式分割を行ないますが、株式分割を行なう理由は何でしょうか?それは、流動性の向上、が主な理由です。

単純計算になりますが、1:10の割合で株式分割となるならば発行済み株式数が10倍になるわけです。流通する株式数が多くなり、より多くの株主を取り込めることを期待できます。

10万円の株を1株買うのと1万円の株を1株買うのでは、もちろん後者のほうが手を出しやすいですよね。そうするとより多くの人が株を買ってくれることになります。結果として、株価上昇につながりますので、株式分割のメリットは大きいと言えます。

株式分割のメリットは?

株式分割となる株を保有する投資家目線でいうと、投資の幅が広くなるメリットがあります。

1株10万円だった株を1株だけ保有していると、売ってしまえば保有株数は0になってしまいます。売るか保有継続か悩みの種となります。

しかし、1株が10株に分割となれば、たとえば5株だけ残して残りの5株は売ってしまおうと、選択ができるようになります。売却した資金で別の株を買えば2社の株主になることができますから、結果として投資の幅を広げることができるのです。

株式分割は投資家にとって大きなメリットがあること、お分かりいただけたと思います。

top