日経新聞を無料で購読する方法

【著者】 児山 将

NKJ56_ahiruchantoeibuns_TP_V

日本を代表する経済新聞である日経新聞。

購読しようとすれば、1ヶ月で4,200円が必要となります。

社会人や投資家はもちろん、就活生が知識を付ける為に必須の就活アイテムとなっているようですね。

筆者は就職活動の際に、FXを始めていたこともあり、ざっとした経済状況にはそこそこ明るくなり、金融系の会社を死亡していた為、就活には大いに役に立ちました。

今思えば、就活時の自分はなんてアホだったんだろうと思いますが、FXをやっていたことで経済、政治に興味を持ち少しはまともな就活ができたのかなと思います。

なにが言いたいかというと、やっぱり世の中で何が起こっているのかを考えることは必要で、最低限ニュースを読まないといけないんじゃないかということです。

そこで今回は、日経新聞を無料で読む方法を公開したいと思います。

ネット証券の会員サービスを利用

日経新聞の情報を読むには、『日経テレコン』という日本経済新聞社が提供するデータベースサービスを利用する方法があります。

日経テレコンには、過去30年分の新聞・雑誌記事に加えて、国内120万社の企業情報・人事情報が蓄えられており、与信調査などで利用したことがある人もいるかもしれません。

この日経テレコン(通常版)の利用料は8,000円/月(税別)とそもそも高いのですが、このサービスの一部(日経や各種雑誌情報の閲覧)を無料で利用できる方法があるのです。

それは、ネット証券に口座開設をしてその情報をサービスを利用するという方法。

楽天グループの楽天証券は日経テレコンを利用することができ、同社の取引ツールであるMarket Speed(PC・iPad)とiSpeed(スマホアプリ)で閲覧することができます。

・トップページ
日経テレコン1

トップページでは、日経電子版のようにカテゴリーが分かれており、朝刊・夕刊・MJなどもササッと読み分けることができます。

・記事ページ(一部)
日経テレコン2

記事ページの多くは、その記事のPDF版も読むことができます。

このサービスが、楽天証券に口座開設していると無料で付いてくることから、非常にお得なサービスといえます。

日経新聞で情報を得たいけど、お金がもったいないという方は楽天証券の口座を申し込んでみてはいかがでしょうか。

楽天証券の公式ページへ↓↓
楽天証券

top