株式投資にかかる税金について

【著者】 児山 将

株式投資の最大の目的は利益を得ることですが、利益に対して必ず税金がかかります。株式投資をするなら、税金への理解は不可欠です。

利益にかかる税金の内訳

株式売買で利益を得る方法は2つあります。

1.売却益(株を安いときに買い高いときに売り得られる利益)
2.配当金(年に1,2回、企業から分配されるお金のこと)

この2つの利益に対して税金がかかります。

・売却益に対してかかる税金 ⇒ 譲渡所得課税
・配当金に対してかかる税金 ⇒ 配当課税

譲渡所得課税について

譲渡所得課税率は、原則20%です。しかし、復興増税という名目の所得税が適用となるので、厳密に言うと20.315%です。

10万円で買った株を15万円で売ったとします。売却益5万円に対して20.315%の譲渡所得課税がかかりますので、支払うべき税金は10,157円となり、手元に残るのは39,843円です。(株式売買手数料は含まず)

ただし、給与所得がある方は、年間20万円までは課税されませんし、確定申告の必要はありません。また、給与所得があっても株式口座が特定口座ならば自動で源泉徴収されるので、確定申告をする必要がありません。

配当課税について

配当課税も20.315%の課税率となっています。企業から送付されてくる配当振込書に記載されていますが、配当金から20.315%の税金分を引かれた金額を受取ることができます。

仮に、配当金が2,000円だとしましょう。配当課税が20.315%ですから、406円差し引いた1,594円が受け取り分となります。

損失は繰越できる

株投資で利益を得られたら嬉しいですが、損失を出すこともあります。年間の損益がマイナスだった場合、繰越控除の適用を考えると良いでしょう。

繰越控除とは、株式売買で出した損失を3年間にわたって計上することができる仕組みです。繰越控除を行なえば余計な税金を支払わずにすみます。しかし、確定申告をしなければならないことを忘れずに。

株投資1年目に20万円の損失、2年目に10万円の利益、3年目に15万円の利益を出したとします。繰越控除を行なわないと、25万円の利益に対して課税されますが、繰越控除を行なえば5万円に対しての課税となります。

25万円と5万円の利益では雲泥の差です。支払う税金もかなり違ってきますので、確定申告による繰越控除をしっかり行いましょう。

top