株式取引の時間帯

【著者】 児山 将

株を買うと言っても24時間いつでも買えるわけではありません。
厳密に言うと、株の売買注文はネット経由で24時間いつでもできますが、実際に株を買ったり売ったりするのは、証券取引所が開いている時間帯になります。

日本の4つの証券取引所と取引時間帯

現在、日本には4つの証券取引所があります。

東京証券取引所
1部・2部・マザーズ・ジャスダック・上場投信信託(ETF)・不動産投資信託(J-REIT

名古屋証券取引所
1部・2部・セントレックス

札幌証券取引所
上場株式市場・アンビシャス

福岡証券取引所
上場株式市場・不動産投資信託(J-REIT)・Q-Board

それぞれのオープン時間を確認しておきましょう。 (オープン時間を専門用語で「売買立会時間」という)

・東京証券取引所
前場 9時~11時30分/後場 12時30分~15時

・名古屋証券取引所
前場 9時~11時30分/後場 12時30分~15時30分

・札幌証券取引所
前場 9時~11時30分/12時30分~15時30分

・福岡証券取引所
前場 9時~11時30分/12時30分~15時30分

この中で特に重要な取引所が、東京証券取引所です。日本最大の取引所なのはもちろん、世界有数の取引所です。外国人からも常に注視されている取引所であり、日本市場=東京証券取引所と考えてもらって間違いはありません。

ニューヨークの証券取引所と取引時間帯

日経平均はアメリカの景気の影響を受けます。アメリカの最大証券取引所は、ニューヨーク証券取引所とナスダックですが、この2つの証券取引所の株価動向が日本の次の日の株価を決めると言っても過言ではありません。それほど影響力が大きいのです。

2つの証券取引所の取引時間帯を確認しておきましょう。

ニューヨーク証券取引所
現地時間9時30分~16時

ナスダック
現地時間9時30分~16時

日本とニューヨークの時差は13時間、サマータイム導入時は14時間の時差となります。ニューヨーク市場オープン時間を知るためには以下を参考にしてください。

13時間差:日本時間22時30分=ニューヨーク9時30分
14時間差:日本時間23時30分=ニューヨーク9時30分

日本の株を取引するなら、ニューヨーク市場も要チェックです。

【合わせて読みたい記事】

top