TOPIXとは

【著者】 児山 将

日本の平均株価がどの程度なのかが一目で分かる指数があります。それが、TOPIXです。

TOPIXはトピックスと日本語読みします。東証株価指数をアルファベット表記したものがTOPIXであると覚えてください。

TOPIXは東証1部に上場している全銘柄の時価総額を全銘柄数で割った数字です。

【東証1部上場銘柄時価総額 ÷ 東証1部銘柄数 = TOPIX】

1銘柄の株価が上がるとその銘柄の時価総額が上がり、TOPIX上昇につながります。つまり、TOPIXが上昇する=東証1部銘柄の株価が上がっている=景気上向き、と判断できるわけです。

日経平均との違い

日本の平均株価を判断するもう一つの指標、日経平均株価とはどう違うのでしょうか?

日経平均株価は東証1部に上場する銘柄から225銘柄を選び、その銘柄の平均株価を日経平均株価と呼んでいます。TOPIXのように東証1部全銘柄ではなく、あくまでも225銘柄の平均株価を指しているというわけです。

日経平均に採用されている銘柄は、日本を代表する銘柄がほとんどです。たとえば、トヨタやファーストリテイリング、ANA、花王、キリン、ソニー、キャノン、などなど。挙げたらきりがありません。

しかし、ファーストリテイリング、ファナック、ソフトバンクなど、日経平均株価にもたらす影響が大きい銘柄には要注意です。

TOPIXの基準値

現在、TOPIXは約1600くらいとなっていますが、このTOPIX数値には基準値があります。100を基準値として算出されているのですが、1968年4月1日の数値を100として計算しています。当時は100だったTOPIXが今は1600ですから、日本の市場も相当な発展を遂げたことがよく分かりますね。

TOPIXのチャート

・リアルタイムチャート
TOPIX

・日足チャート(2年)
TOPIX

TOPIX
(1971年からのTOPIXチャート:株探より)

topix
(2016年からのTOPIXチャート:SBI証券より)

TOPIXと日経平均株価の動向をチェックしながら株取引するのが基本です。TOPIXの意味をしっかり頭に入れておきましょう。

top