円安関連銘柄

【著者】 児山 将

ドル円は5月26日に年初来高値を更新し、125円まで上昇。
これが日経平均株価が5月15日から1日までの12連騰に寄与したことは間違いないでしょう。

参考:日経平均の値動きを決める2大要因

アメリカの利上げがいよいよ2015年内に行われることは間違いないようで。今後も為替が円安に進むことが考えられます。

となれば、円安関連銘柄は今後も期待が持てるのではないでしょうか。

そこで今回は、株式情報サイトとして質の高い株探より円安関連銘柄をピックアップし、PERの低い順に30銘柄をランキングしました。

円安関連銘柄 低PERランキング30

コード 銘柄 市場 株価 PER PBR 利回り
9115 明治海運 東1 411 6.4 1.18
6210 洋機械 東1 559 7 0.89
8053 住友商事 東1 1,453 7.9 0.73 3.44
4631 DIC 東1 349 10.5 1.35 2.29
6315 TOWA 東1 828 10.5 1 1.21
7313 TSテック 東1 3,550 10.5 1.31 1.86
6262 ペガサス 東1 616 10.8 0.8 2.27
7211 三菱自 東1 1,138 11.2 1.7 1.41
7261 マツダ 東1 2,638 11.3 1.82 1.14
9101 郵船 東1 369 11.4 0.77 2.17
6284 ASB機械 東1 2,416 11.6 1.97 1.66
6409 キトー 東1 1,312 11.8 1.44 2.13
9104 商船三井 東1 420 11.8 0.65 1.67
6789 ロランドDG 東1 3,190 11.9 2.08 2.51
9110 ユナイテド海 東1 269 12.2 0.84
7201 日産自 東1 1,326 12.4 1.24 3.17
9107 川崎汽 東1 306 12.5 0.65 1.63
6272 レオン 東1 560 12.6 0.85 2.5
8058 三菱商 東1 2,795.5 12.6 0.82 2
7203 トヨタ 東1 8,514 12.9 1.73
6501 日立 東1 846.4 13.2 1.4
6293 日精樹脂 東1 1,170 13.4 0.93 1.54
7214 GMB 東1 1,281 13.4 0.3 3.12
6432 竹内製作所 東1 6,600 13.6 2.34 0.55
9130 共栄タ 東1 224 14.3 1.05
7272 ヤマハ発 東1 3,120 14.4 2.32 1.41
6702 富士通 東1 698.2 14.5 1.83 1.15
7267 ホンダ 東1 4,200.5 14.5 1.13 2.09
7003 三井造 東1 228 14.6 0.8 1.32
6661 オプテクFA JQ 764 14.7 1.28 2.62

                           (データは株探より)

為替が1円円安に動くと400億の利益が増加するといわれるトヨタ(7203)がまだPERが12.9%と割安。2016年3月末の社内想定レートは115円ということから、今後もまだまだ買っていけそうですね。

1番にランクインしている明治海運(9115)ですが、ホテル事業も行っておりインバウンド需要としても期待できます。1日の売買代金は1000万円前後と買いづらいですが、直近は350円、400円としっかりと下値を切り上げる値動きを見せています。
大型タンカーの造船に着手していることも期待できます。

住友商事(8053)は10月にシェールガス開発事業で2400億円にも上る巨額の赤字を計上しましたが、急落前の価格を越えてくる強さを見せ、1400円という大きな節目を越えてきています。原油安や鉄鉱石価格などの数々の逆光があるなか、底がたく推移し3.44%の配当利回りは魅力的です。

ジャスダックで唯一ランクインしたオプテックス・エフエー(6661)はFA用光電センサーが主力の会社ですが、1日の売買代金が100万円程度と流動性の乏しい銘柄です。
売買が難しいですが、月足チャートは非常に形が良く、中国販売に伴う投資も落ち着いたことから利益率が上がることが期待できそうです。

>>インバウンド銘柄とは?

top